オーラルデントの有効成分と口臭予防・抑制メカニズム

スクリーンショット 2016-09-06 11.43.34

数多くのオーラルケア製品を出している京都やまちやの口臭予防サプリ「オーラルデント」にはどんな有効成分が配合されていて、どのようなメカニズムで消臭効果が働くのかを調査してみました。

スポンサーリンク

オーラルデントの有効成分

オーラルデントには2つの特徴的な成分が配合されており、この組み合わせがオーラバリア®と名付けられた「特許成分」となっています。

特許の登録元は、「森永乳業」のためやまちやはライセンス販売をしているものと考えられます。

ラクトフェリン

ラクトフェリンはもともと体内に存在する物質で、母乳や唾液中に含まれている酵素です。

特に唾液中のラクトフェリンは、口から入る細菌やウィルスを殺菌し、体内の環境をバクテリアから守る役割があります。

ラクトパーオキシダーゼ

ラクトパーオキシダーゼは、人や牛などの哺哺乳類がもともと持っている酵素です。

特に唾液や母乳中に多く含まれ、これ自体には殺菌効果はありませんが、唾液中の成分と反応して殺菌効果の高い成分を作り出す作用があります。

この他に以下の成分が有効成分として配合されています。

  • ユーカリエキス
  • ビフィズス菌
  • プロポリスエキス
  • コエンザイムQ10

スクリーンショット 2016-09-06 12.04.28

オーラルデントの口臭ケアのメカニズム

口臭の大きな原因は、バクテリアの出す排泄物ですので、まずはバクテリアの数を減らすことが口臭予防に効果があります

オーラルデントに配合されている特許成分「オーラバリア」は、唾液の抗菌活性を高め、根本的な原因に作用します。

さらに、すでにバクテリアが排出した臭いの原因物質が臭いの原因となる「硫化水素」や「メチルメルカプタン」に変換されるのを防ぐ効果もあります

スクリーンショット 2016-09-06 11.39.59

オーラバリアの効果が出るまでの時間

一般的な口臭ケア商品は強い臭いで口臭をごまかす傾向にありますが、オーラルデントは使用直後から高い口臭抑制効果を示すことが文献的に分かっています。

さらに使用2時間後でも、その効果が減弱しにくいのも特徴です。

スクリーンショット 2016-09-06 11.43.34

ミントなどを使った一般的な口臭ケア菓子の場合、口臭の抑制効果が低いだけでなく時間が経つにつれて口臭が強くなる傾向があります。

これは、菓子の中に含まれるショ糖やたんぱく質などがバクテリアに分解されるために起きると考えられています。

オーラルデントの有効成分・作用メカニズム まとめ

  • 特許成分である通称「オーラバリア®」が、まずは口腔内の抗菌活性を高める。
  • 次に、口臭の元となる成分が臭いを出す前に分解する。
  • 効果は使用後10分から現れ始め、2時間後でもほとんど変化がない。

以上のことが判明しました。

個人的には数ある口臭ケアグッズの中でもメカニズムに科学的な裏付けが多いと感じました。

この記事の参考文献を読む。

(写真や図はオーラルデント公式サイトより引用しています。)

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る