薬用ポリリンジェルEX・リンスのホワイトニング効果/白くなる理由

スクリーンショット 2016-08-29 18.51.29

薬用ポリリンジェルEXのホワイトニング効果について調べていくと次の様なステップでホワイトニング効果が発揮されることが判明しました。

スポンサーリンク

薬用ポリリンジェルEXで歯が白くなる仕組み

1.歯の表面の紅茶やコーヒー、タバコのヤニを除去

「分割ポリリン酸」が歯の表面のステインや着色汚れを除去し、ホワイトニング効果を発揮します。

2.分割ポリリン酸が歯の表面に結合

分割ポリリン酸が汚れに付着する力は、汚れが歯に吸着する力よりも強いので、汚れが剥がれた後の歯にしっかり結合します。

3.ステインが付きにくい歯に変化させる

分割ポリリン酸が歯の表面をコーティングすることにより、ステインの沈着から歯を守り、着色しにくくします

スクリーンショット 2016-08-07 1.39.33

以上の3つのステップで歯の漂白だけでなく、ステインの再付着予防に効果を示すことが判明しました!



薬用ポリリンジェルEXの有効成分

ポリリン酸

ポリリン酸は、リン酸が多数結合してできた鎖状の分子で、人が生きていく上で欠かせない生体内物質です。

薬用の歯磨剤やマウスウォッシュなどのオーラルケア商品にも多く採用され、今後、医薬品への活用も期待されています。

ポリリン酸の一種、ポリリン酸ナトリウムは食品にも含まれる安全性の高い成分で、歯石を防ぐ薬用歯磨きの原料などにも使われています。

ステインの除去や沈着防止の効果を持つと同時に、歯周病原菌や虫歯菌に対する抗菌剤の作用を増強させる働きを持っているため、お口の中の環境を整える物質として使用されています

『通常のポリリン酸』と『分割ポリリン酸』の違い

通常のポリリン酸ナトリウムは鎖状で長さの異なる分子がごちゃごちゃに集まっていますが、一定の長さをもつポリリン酸ナトリウムのみがステインの除去などに優れていることが研究の結果わかっています。

この一定の長さの分子のみを抽出して精製したのが『分割ポリリン酸』で、ホワイトニングに高い効果を示します

また通常のポリリン酸ナトリウムは極端に短い分子なので、分割ポリリン酸のような高い効果はありません。

(以上、薬用ポリリンジェル公式サイトより抜粋)

ポリリンオーラルケアシリーズ まとめ

『薬用ポリリンジェルEX』の有効成分でやはり目を引いたのは「分割ポリリン酸」でした。

おそらく一定の大きさのポリリン酸を作り出す技術はこの商品が一番優れているのではないかなというのが実感です。

「ポリリン酸」を配合しているオーラルケア商品は多数ありますが、研究者自らが開発した商品とあって後発品には勝てない科学的な技術の差がこの商品にはあると考えられます

多少価格が高くとも、品質のしっかりしたホワイトニングペーストを選びたい方に最適なアイテムです。

ホワイトニング効果が高いという『ポリリンジェル』を検証!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る