ビースマイルのホワイトニング効果とより効果的な使い方

スクリーンショット 2016-08-29 17.57.36

オーラルケアの通販業界でひときわ注目を集めているビースマイル トゥースホワイトニングの支持される理由を調べていくと、ホワイトニングの効果が非常に高いということが分かりました。

そこで、ビースマイルの製品はどう言った成分が配合されていて、どういうプロセスではが白くなるのかを徹底的に調べてみました。

まずは有効成分からご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

ビースマイル トゥースホワイトニングの有効成分

ポリアスパラギン酸

通常の歯磨きでは落ちない汚れに対して、ポリアスパラギン酸はタンパク質を凝固させて除去しやすい形にします。

スクリーンショット 2016-08-07 1.56.05

リンゴ酸

水溶性の着色に対して溶かして出して除去する効果があります。

さらに、口腔内を酸性に保つので雑菌が繁殖しにくく、歯の表面をコーティングして汚れが付きにくい環境にします

スクリーンショット 2016-08-07 1.56.12

ビタミンC

アスコルビン酸ともいい、歯ぐきや歯周組織を構成しているコラーゲンの産生促進作用を示します。

スクリーンショット 2016-08-07 1.56.18

ウーロン茶抽出物

虫歯や歯周病を引き起こす細菌の温床となるバイオフィルムの合成を邪魔してキュッキュッとした歯の表面にする効果があります。

アラントイン

抗炎症作用により歯肉の腫れや炎症を抑え、古くなった組織を鳥の座おいて傷の修復を行いやすくする効果がある成分です。

シメン-5-オール

口臭の原因となる食べかすや古くなった細胞に含まれているタンパク質を分解する細菌を殺菌する効果があります。

『シメン-5-オール』という成分は比較的珍しく、いわゆるタンパク分解酵素といったところですね!虫歯菌が砂糖が好きなのに対して、歯周病菌はタンパク質などが好物なので、こう言った酵素が入っていると餌を分解し、しかも細菌自体も殺菌する効果があるので、歯周病予防に効果的だなと感じました!

では今度はどう言った作用機序でホワイトニングが起きるのかを見てみましょう!

スクリーンショット 2016-08-18 11.06.34

ビースマイル トゥースホワイトニングで歯が白くなる仕組み

1.汚れをしっかり包み込んで除去

「ポリアスパラギン酸」が歯の表面の汚れに吸着し、包み込むように取り去ります。

2.汚れの再付着防止

「リンゴ酸」が口の中を弱酸性に保ち、細菌が繁殖しにくい環境に整えます。

さらに、歯の表面をコーティングする作用もあるため、汚れやステインが付きにくい歯になります。

3.歯ぐきをもっと健康的に

「ビタミンC」が、歯ぐきなどの歯周組織を構成しているコラーゲンの産生を促し、弾力があり、水々しい歯肉になるのを助けます。

と、ホワイトニングの機序はどちらかというと「ポリリン酸」と「リンゴ酸」によるもので、ステインの除去後に歯をコーティングして再度着色が起きにくいダブルの作用があることが分かりました!

では、今度はより短時間で効果の出る使い方を見てみましょう!

ビースマイル トゥースホワイトニングの効果的な使用方法

食後30分以内に使用する

ビースマイルの推奨しているホワイトニングを行うタイミングは『毎食後、30分以内』です。

軽くいつもの歯磨きをして、食べかすなどの大きな汚れを取り除き、そのあとさらにbe smileで歯磨きすると有効成分が行き渡り、より効果的にお使いいただけます。

スクリーンショット 2016-08-11 14.23.11

ビースマイルの使い方は通常の歯磨き粉と同じく、

  1. 適量をブラシに取る
  2. ブラッシングする
  3. すすぐ

の3ステップです。

このステップを踏む事で『まずは1トーン白く、継続して輝く白さに』になる事ができます。

こちらのトーゥスペーストは1本で約3ヶ月間使用する事ができます。

また同じシリーズに『ビースマイルマウスウォッシュ』というものがあり、気になる時に適量を口に含んで舌や歯茎に行き渡らせるようにすすいでから、吐き出しブラッシングするマウスウォッシュがあります。

トゥースホワイトニング同様、ホワイトニング効果を期待できる製品なのでセットで使うとより一層効果的です。

スクリーンショット 2016-08-11 14.27.34

この時ブラッシング後は水でゆすがなくても良いです。

(以上ビースマイル公式サイトより抜粋)

ポイントとなるのは毎食後30分以内の使用が推奨されているという点です。

家にいる間は可能かもしれませんが、仕事場など外出先では30分以内のブラッシングは難し面がありますので、常に家にいる自宅勤務の方や主婦の方におすすめのホワイトニングと言えます。

ビースマイル トゥースホワイトニング まとめ

「ビースマイル トゥースホワイトニング」の有効成分で気になったのが、「シメン-5-オール」という成分でした。

先述の通りタンパク分解酵素なので、細菌を構成している部分を化学的に分解して殺菌効果を示します。

つまり、ホワイトニングの他にも口臭を発生させる元となる細菌の数を減少させる効果があるため、ホワイトニングを行いながら口臭ケアをしたい方に最適なトゥースペーストであると言えます!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る