ブラニカのホワイトニングメカニズムとより効果的な使い方

スクリーンショット 2016-08-29 15.03.30

ネット上で人気がじわじわ上がってきているブラニカで歯を磨くとなんでホワイトニングが出来るのかが気になったので、そのメカニズムとさらに効果的な使い方を調べてみたよ!

まずはブラニカに含まれている有効成分から見てみよう!すぐそうしよう!

スポンサーリンク

ブラニカに配合されている有効成分

ポリリン酸・ピロリン酸

ポリリン酸・ピロリン酸は生体にもともと存在する物質で、ステインと電気的に結合することで歯の表面から着色汚れを浮かせて落とします。

板状ハイドロキシアパタイト

通常のハイドロキシアパタイトよりもさらに歯に密着しやすく、歯の表面の細かなキズや初期の虫歯を埋めて、歯が本来持つクリアで透明感のある白さを引き出す成分です。

ブラニカの有効成分を調べていくと、とてもシンプルな成分でまとめられていることが分かったよ!

その中でも次の3点が気になった!

  1. 板状ハイドロキシアパタイト』が配合されている
  2. ジェルでもペーストでもなく『濃密な泡』で磨ける
  3. 従来品の1.7倍のホワイトニングパワー

スクリーンショット 2016-08-07 8.44.20

つまり、ブラニカは虫歯予防のケアをしながら、歯が持つ本来の透明感のある白さを追求したい方に最適なホワイトニング歯磨きだということが言えるということが判明したよ!

じゃあ今度はこの成分がどういう風に働いているのかを見てみよう!

ブラニカは2ステップで歯を白くする!

1.歯の表面のステインを強力に除去

ポリリン酸とピロリン酸によって強力に着色汚れを除去。

2.歯の表面をコーティング

歯と同じ成分「ハイドロキシアパタイト」の中でも『板状ハイドロキシアパタイト』を独自配合

磨けば磨くほど歯をコーティングし、本来以上の白さに近づけます。

スクリーンショット 2016-08-07 8.56.32

なるほど、ポリリン酸が着色を除去するだけでなく、ハイドロキシアパタイトがさらに歯の表面の細かい傷を埋めてくれるから着色が入り込みにくくなるんだね!

タロペはハイドロキシアパタイトは知ってたけど、「板状ハイドロキシアパタイト」は初めて知ったよ。

でも、調べていくとより歯に密着しやすいタイプのアパタイトらしいんだ!

じゃあ、今度はどうやって使えば効果的なのかを見てみよう!

ブラニカのもっと効果的な使い方

1日3回毎食後にしっかりと磨くだけ!

食後に歯ブラシにブラニカを2プッシュほど付け、3〜5分ゆっくり丁寧に磨いてからゆすいでください

ブラニカに含まれているステイン除去成分が歯の表面についた色素を溶かして浮かせ、配合された歯と同じ成分が歯に密着して細かい傷を修正して、ツルツルした歯にしてくれます。

スクリーンショット 2016-08-11 22.32.49

さらに、ムースのような泡だから、濃密な成分がしっかりと細かいエリアまで届いてくれます。

歯を痛める事も傷つける事もありません!

しかも、新バージョンのブラニカは従来品と比べて効果が170%もアップしているのでこれまで除去できなかったような頑固な着色も、細かい部分に入り込んだステインも逃さずキャッチして白くしてくれます!

スクリーンショット 2016-08-11 22.38.36

実際に上の写真のように、歯と同じ成分であるハイドロキシアパタイトの粉末を紅茶のステインで着色したものに、「水飲み」「従来品」「新しいブラニカ」の3つをそれぞれ作用させると新バージョンの漂白具合が一目瞭然に見て取れます。

さらに漂白の度合いを調べてみると、従来品の1.7倍ものステイン除去率がある事が分かりました。

これを踏まえてまとめると、ブラニカは使えば使うほどホワイトニングをする効果が高くなり、食後すぐに使うのが最も効果的という事が分かったよ!

(以上、ブラニカ公式サイトより抜粋)

ブラニカ まとめ

ブラニカは泡状で密着しやすい正常に加えて、さらに分子レベルで密着しやすい「板状ハイドロキシアパタイト」を使っているから、より歯の構造を虫歯になりにくく、ホワイトニング効果が高い状態に改善してくれるみたいだよ!

詳しくは公式サイトも参考にしてみよう!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る