ビーグレンデンタルのホワイトニング効果と白くなる使い方

rp_89ef2ed775d74f58df5d4e7b7e7c87f0-1024x512.png

ビーグレンデンタル ホワイトニングジェルがそのようにホワイトニングのプロセスを経ていくのかや、より効果的に歯を白くする方法はないかと調べていくと、次のような有効成分が作用していることが判明しました。

スポンサーリンク

ビーグレンデンタルの有効成分

過酸化カルバミド(過酸化尿素)

過酸化尿素ともいい、歯科医院で行われるホームホワイトニングにも使用されている成分です。

歯の表面の着色を分子レベルで分解して除去する効果があります。

ポリリン酸ナトリウム

ステインと電気的に結合することにより着色を効果的に除去する効果があります。

白金

活性酸素を除去して、ホワイトニングの効果を高める触媒の効果があります。

硝酸カリウム

唾液中に含まれる成分で、知覚過敏を抑制する効果があります

以上の有効成分の分析から、『ビーグレンデンタル』は歯科医院で行われているホワイトニング方のうち、「ホームホワイトニング」という方法と全く同じ成分が配合されています。

また歯磨き粉として使うタイプではなく、トレーにジェルを入れて口にはめる方法も同じです。

そのため、本格的なホワイトニングを行いたくて、知覚過敏が心配な方向けの商品ということが言えます。

ビーグレンデンタルで白くなるメカニズム!

1.歯の表面の着色を電気的、科学的に除去

ポリリン酸がプラスに帯電したステインと電気的に結合し、歯の表面から除去。

さらに過酸化カルバミドが歯の細かいキズや隙間に付着している着色を分解して溶かし出します。

2.知覚過敏をしっかり予防

硝酸カリウムが象牙質の表面に空いてしまった象牙細管を埋めて、知覚過敏の症状を防止します

通常の歯科医院で処方されるホワイトニング剤と大きく違いのが『知覚過敏抑制物質』が入っていることです。

これはシュミテクトなどの知覚過敏用歯磨きにも配合されている成分で、天然の唾液中にも含まれている成分です。

通常、歯科医院では、知覚過敏が起きたらそれに対して改めて対処しますが、ビーグレンデンタルにはもとからケアする成分が配合されているので、冷たいものや熱いものによる温度変化で歯がしみにくい状態でホワイトニング出来るのが特長です!

b.glen Dental ホワイトニングジェルの効果的な使用方法

まずは通常どおり歯を磨く

どのホワイトニング剤も同じですが、歯の表面にタンパク汚れや脂がついているとうまく薬効成分が届く事ができません。

さらに、最悪の場合ホワイトニングができている場所とできていない場所のまだら模様ができる可能性があるので、必ず歯を綺麗に磨きます。

10分間時間を作る!

ビーグレンデンタルは短時間で本格的なホワイトニングができるのが最大の特徴です。

公式サイトによると10分で十分な効果が得られるとしています。

ホワイトニングジェル1目盛分をスパチュラに出す

注射器のような容器に入ったジェル1目盛が1回分の量です。

使用直前に表面の水分をティッシュやガーゼで拭き取り、ジェルを薄く伸ばすように塗ります。

専用のマウスピースをはめる

ジェルを塗布した後、マウスピースをはめて10分ほど待ちましょう。

もしも慣れてきたら20分、30分と時間を延ばしていくのも効果的です。

しっかり水でゆすぐ

有効成分の過酸化尿素は比較的安産生の高いホワイトニング剤ですが、歯ぐきに長時間付着すると一時的に白くなってしまったりします。

しっかりゆすいで、ジェルを洗い流してください。

(以上、ビーグレンデンタル公式サイトより抜粋)

スクリーンショット 2016-08-11 23.08.08

ポイントは、これがつ上の歯科医院で使用されているホームホワイトニングと同じ成分だということです。

残念ながら成分濃度まで同じかどうかは調べきれませんでしたが、ホワイトニングが一般的なアメリカから直接製品が届くことを考えると、濃度はしっかりとしているのではないかと感じました。

家で家事をしながらや本やテレビを見ながら使用できるので、忙しい方にこそおすすめです

ビーグレンデンタル まとめ

ビーグレンデンタルには「硝酸カリウム」が配合されているので、これがとても親切な設計のホワイトニング製品だと感じます。

また使用時間が短くてすむのもこの商品を使う利点ですので、忙しい人にこそ使ってもらいたい一品です。タロペ的には市販で購入できる商品の中でもイチオシ!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る