ポリリンキューブのメカニズムともっと歯を白くする使い方

スクリーンショット 2016-08-29 18.37.46

ミュゼホワイトニングから発売された『ポリリンキューブ』はどのようなメカニズムで歯が白くなっていくのかと、もっと効果的な使い方はないのかに興味が湧いたのでタロペ的に調べてみると色々なことが分かったのでみんなと共有するね!

じゃあ、早速行ってみよう!

スポンサーリンク

ポリリンキューブで歯は4つのステップで歯が白くなる!

ポリリンキューブの有効成分はあらゆる生物の体内にもともと存在している「ポリリン酸」を使った製品。

その中でも特に歯のホワイトニングに適した「分割ポリリン酸」を使用しているので、安全で高い効果が期待される新しいホワイトニング方法です。

従来のホワイトニングのような刺激の強い薬品を使用しなくても「分割ポリリン酸」が十分なパワーを発揮し、高いホワイトニング効果が期待できます!

さらに「分割ポリリン酸」が歯を守る「ポリリンコーティング」により、ホワイトニング時にはにダメージを与えないだけでなく、その後の歯の表面への色素沈着も抑えられると言われています

スクリーンショット 2016-08-07 21.26.24

  1. 歯の表面に付着したステインにポリリン酸が近づく。
  2. ポリリン酸がステインを浮かせて歯から剥がす。
  3. ポリリン酸が歯の表面をコーティングする。
  4. こにより資質が強化され、ステインの再付着を防ぐ。

(以上ポリリンキューブ公式サイトより抜粋)

つまり、『歯の着色の除去』と再沈着を防ぐ『コーティング』が同時に行えるってことだね!

ポリリンキューブのもっと効果的な使い方

外出先で使用する

ポリリンキューブの最もアドバンテージな特徴が、1個ずつパッケージされているという点だったよね!

つまり、ガムや飴玉のようにカバンの中にそっと忍ばせておくことができるので、いつでも外出先で使うことが出来るということ!

だから他のホワイトニング製品よりも断然使用頻度を高めることが出来るんだから、この特長を利用しない手はない!

気になった瞬間にすぐに使う!

もともとホワイトニングに興味があって、気をつけている人ならわざわざ外でホワイトニングなんて必要ない!と思うかもしれない。。

だけど、つい忙しい日々を送っていたり、油断して大事な時に前歯に茶渋があるなんてことないかな?(タロペがそうなだけかも)

タロペの知り合いの女の子でいつも見た目に気をつけているのに、たまに『気づいてないの?』と思うくらい歯の先端の一部分が茶色い娘とかいてるんだけどコーヒーが大好きな娘で、仕事が忙しくなるとついつい気がまわらないことがあるみたいなんだ!

でも、話しててつい目がいっちゃうことがあるから、多分他人も同じように自分の歯を見てるんだろうなと思ったよ!

あとは外出先で着色に気づいたけど、今は何もできないって状況になると人と話すのも億劫になるよね!

だからポリリンキューブは便利!

スクリーンショット 2016-08-12 0.03.48

自分じゃなくても必要な時が!

さっきの友達じゃないけど、誰かの着色が気になってしまうことは確実にある。

それが、他人だったらいいけど、例えば恋人とかだったりしたらどうかな?

例えば、友達に彼氏・彼女を紹介したいときとか、ちょっとでも印象を良くしたい時に重宝するんじゃないかなと思ってます。

もちろん、男性から女性に「これ使えよ」とかはNGだけど、その逆とかはありだと思うし、本当に仲の良い友達の大切なイベント前(プレゼンとか契約交渉とか)にちょっと渡してあげるのも友情かなぁと思う。

横着な人向け

これは完全にタロペのことだけど、毎日継続してホワイトニングができないという横着な人にもポリリンキューブがオススメ!

これ結構多いんじゃないかな。

自分が必要だと思うシチュエーションに合わせて、パッとホワイトニングできるから重宝するし、時間も短縮できる!

その他、公式サイトでは次のようなシチュエーションでの使用を推奨してました!

スクリーンショット 2016-08-12 0.04.22

ポリリンキューブのまとめ

ポリリンキューブ自体はシンプルな使い方で、これといってひねった使い方がないのが魅力的。

しかも1つずつ個包装されているから、持ち運びがしやすく使い捨てが出来るから外出先でも手軽にホワイトニングを行えるのが最大の魅力と考えていいんじゃないかな!

場所や時を自由に選んで使用できるのが、大きなアドバンテージだから、職場など外出先でこまめにホワイトニングを行いたい人やよく旅行に行くなんていう人には最適なオーラルケアだと言えるよ!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る