ティースドロップのホワイトニングメカニズムと効果的な使い方

スクリーンショット 2016-08-29 12.54.08

20代〜30代の女性に人気のティースドロップがどういったメカニズムで歯を白くするのかやもっと効果的に使う方法がないかなどを調べていくと実に興味深いことが分かったよ!

では、まずはその有効成分から紹介してホワイトニングんのメカニズムを解明していくことにしようワトスン君!

スポンサーリンク

ティースドロップの有効成分

ポリリン酸ナトリウム

ティースドロップに配合されている有効成分のうち、ポリリン酸Naはもともと人の体内に存在する天然物質です。

プラス電荷に付着することにより、歯の表面に付着したステインや着色汚れを包み込み除去する効果があります

ヒノキチオール

ヒノキチオールは「ヒノキ」から発見された物質で、殺菌効果の高さが注目されています。

また実際に結核菌殺菌作用・皮膚疾患・歯槽膿漏や歯周病の治療薬として医学的に使用されています

自然素材なので、低刺激性、低アレルギー性なのも特徴です。

特筆すべきは『ヒノキチオール』!!!

ヒノキチオールは天然の殺菌成分で低アレルギーだから、安心して使うことができる。

なるべくマイルドな成分でお口の中をさっぱりさせたい人には向いているんじゃないかな!!

じゃあ、今度はメカニズムを見てみよう!

ホームホワイトニング TEETH DROPS-ティースドロップ-

ティースドロップのホワイトニングの仕組み

1.ポリリン酸が汚れを浮かして除去

ポリリン酸は整体で安全なマイナスの電荷を帯びた物質ですが、歯に付着した汚れやステインはプラスの電荷を帯びています。

ポリリン酸が電気的に汚れに付着することにより、歯から浮かせて取り除きます。

2.ヒノキチオールが歯周病から歯茎をガード

ヒノキチオールは大学病院などの最先端の医療を行っている現場で、最新の治療として実験的な歯周病治療薬として使用されている成分です。

また、抗生物質とは異なり耐性菌の出現もない殺菌成分なので繰り返し使用しても効果が減弱しません。

3.着色汚れを根本から落として、歯本来の白さへ

ポリリン酸は歯の表面に付着した着色汚れを落とすので、歯が本来持つ白さを取り戻すことができます

またヒノキチオールが歯周病の予防や口臭の予防に効果を発揮します。

スクリーンショット 2016-08-29 12.54.08

ティースドロップ まとめ

『ティースドロップ』の有効成分のうち、特に特徴的なのが「ヒノキチオール」。

実際に歯周病学の分野で研究がおこなわれている成分で、実際に高い殺菌効果もありながら体に優しいため、アレルギー体質や敏感肌の方にオススメのホワイトニングペーストだよ

もう1つの有効成分ポリリン酸も元々体内にある物質だからアレルギーが心配な人やなるべくマイルドな成分を使っていきたい人にオススメだよ!

ホームホワイトニング TEETH DROPS-ティースドロップ-

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る