薬用パールホワイトプロシャインの有効成分と効果的な使い方

71bW3TTgPKL._SY679_

薬用パールホワイトプロシャインのホワイトニングの効果について調べてみるとそのメカニズムが解明できたよ!

あと、より歯が白くなる効果的な使い方なんかも分かったから、みんなと情報を共有するね!

じゃあ、まずは有効成分から早速スタート!!

スポンサーリンク

薬用パールホワイトプロシャインの有効成分

ポリリン酸ナトリウム

体の中に元々存在する物質で、成分自体がマイナスの電荷を帯びています。これが歯の表面に付着した着色汚れやステインを包み込む様に付着し漂白する効果があります

ハイドロキシアパタイト

ハイドロキシアパタイトは歯そのものを構成している成分です。

なので、初期虫歯によって歯の表面のエナメル質が溶けてしまっても再石灰化を助ける効果があります。

また再石灰化により表面のこまかな凹凸が消えるので、光の乱反射が抑えられ、歯が持つ本来の白さを深く表現できる様になります

イソプロピルフェノール(IPMP)

IPMPは一般的な歯磨き粉によく加えられている殺菌成分で、歯周病にも虫歯にも効果的に予防効果を発揮します

キシリトール

虫歯を作るミュータンス菌の数を減らし、さらに病原性を抑える効果がある天然の甘味料です。

(以上、薬用パールホワイトプロシャイン公式サイトより抜粋)

なるほどパールホワイト プロシャインにはホワイトニング成分の他にもキシリトールなどの虫歯予防成分も入っているんだね!

薬用パールホワイトプロシャインのホワイトニングの仕組み

1.ポリリン酸が歯の表面の汚れを浮かして除去

マイナスの電荷を帯びたポリリン酸がプラスの電荷を帯びているステインや着色汚れと電気的に結合して、包み込み歯の表面から洗い流します

2.ハイドロキシアパタイトが細かい傷を修復

ポリリン酸でクリアになった歯の表面の凹凸をハイドロキシアパタイトが埋めて、色素が入り込みにくい構造にします

また初期う蝕程度であれば、治ります。

3.IPMPが口腔内の細菌を効果的に殺菌

IPMPが歯の表面だけでなく、歯茎や粘膜に付着している細菌を効果的に殺菌します

最近数が減ることにより、口臭が発生するリスクも抑えられます。

4.キシリトールで長期的な虫歯予防

キシリトールは細菌に取り込まれますが、栄養にはならないため最近はある種の飢餓状態に陥ります。そのため、分裂回数が減り、有害な酸を出さなくなるため虫歯を効果的に予防する効果があるのです

さらにキシリトールの効果は長期間持続することが様々な研究から明らかになっています。

この4つの手順によって薬用パールホワイトプロシャインのホワイトニング効果が作用することが分かりました。

スクリーンショット 2016-08-18 10.54.35

薬用パールホワイトプロシャインの効果的な使用方法

いつもの歯磨き粉から変えるだけ!

薬用パールホワイトプロシャインには、歯を強くする「ハイドロキシアパタイト」とステインや歯石の沈着を防止する「ポリリン酸」が配合されています。

さらに他にも三宝製薬と共同開発した有効成分が含まれており、これがホワイトニングの他にも虫歯や歯周病の予防に役立っています。

そこで使い方はシンプルにいつもの歯磨き粉から変えるだけ!

朝と晩、毎日2回磨く

とある研究では、歯を1日に2回以上磨いてもブラッシング効果に変化はなかったという結果が出ています。

これは歯を磨くスタイルは個人差や癖があり、それを加味すると2回以上磨く事に効果がないよという事です。

つまり、薬用パールホワイトプロシャインも同様に1日2回磨き続ける事で歯を強く、白くさらに健康的な歯ぐきにしていく事ができます。

だから歯を強くしながら白くしていきたい方に特にオススメです。


まとめ

薬用パールホワイトプロシャインの有効成分の中で特に目を引いたのが、『ポリリン酸ナトリウム』

「ポリリン酸」は体内にもともとある成分で安全だし、分子の大きさを変えることで歯周病原菌を殺菌する効果があったり、骨再生効果があったりという報告がされている非常に注目が集まっている成分なんだ!

だからホワイトニングをしたい方の中で、歯周病に対する予防もしっかり行っていきたい方に最適な歯磨き粉だと言えるね!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る