はははのはのホワイトニング効果とより効果的な使用方法

スクリーンショット 2016-08-29 21.50.30

「はははのは」について調べていくと次の様な流れでホワイトニング効果が発揮されていることがわかりました!

スポンサーリンク

「はははのは」で歯が白くなる仕組み

1.ポリリン酸とメタリン酸による着色除去

ポリリン酸とメタリン酸が歯の表面に沈着した着色と電気的に結合し、包み込む様にして除去します。

2.パパインとソープナッツがさらに細かいステインを除去

天然のホワイトニング成分である「パパイン」と「ソープナッツ」がさらに細かい汚れにアプローチしてステインを除去します

またパパインが古くなった角質も落とすので、歯ぐきの再生を促します。

3.ココナッツオイルで徹底殺菌

ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸の1つである「ラウリン酸」は医療の現場で使用されている「クロルヘキシジン」という消毒薬とほぼ互角の殺菌成分があることがわかっています。

この天然オイルが歯ぐきを傷つけることなく、歯周病菌や虫歯の原因菌を殺菌消毒します

と、このように3つのステップで「歯の漂白」以外にも虫歯・歯肉炎の予防効果があることが判明しました。

スクリーンショット 2016-08-07 22.17.53


「はははのは」の有効成分

ポリリン酸・メタリン酸

ポリリン酸メタリン酸はマイナスの電荷を帯びた成分で、歯の表面に付着したプラスの電荷を持ったプラークや着色汚れを効果的に除去します

パパイン

「パパイヤ」から抽出された酵素で、たんぱく質を分解する効果があります。

ソープナッツ

「ランドリーナッツ」とも呼ばれ、水にも油にもなじみやすい性質があることから古くから石鹸として使用されてきた成分です。泡立ちが少なくても洗浄効果があるのが特徴です。

Rosin

ココナッツオイル

ココナッツオイルは「ラウリン酸」という成分を全食品トップクラスで保有しています。

様々な研究からこのラウリン酸が医療の現場で使われている消毒薬に匹敵する殺菌効果があることがわかり、今注目が集まっている成分です。

ちなみにココナッツを多く食べる地域ほど、健康的に長生きするというデータも出ています。

「はははのは」のホワイトング効果を引き出す使用方法

最初のうちは歯磨き後に使用する

「はははのは」は天然成分にとてもこだわったホワイトニング歯磨きなので、効果が出るまで少し期間が必要です。

そこで使い始めは、今まで使っていた歯磨き粉で磨いた後に使用するのがオススメ。

理由は、天然由来の薬効成分がより浸透しやすくするためです。

「はははのは」の有効成分の1つにパパイヤから抽出された『パパイン酵素』があります。

パパインに限らず酵素はタンパク汚れに触れる事で簡単に活性化が失われてしまうので、より酵素のチカラを引き出すために綺麗な状態で使うのが大切です。

黄ばみが落ちてきたなと感じ始めたら、これ一本で!

パパイン酵素は安全でとても効果の高い洗浄成分です。

そこで、これまで溜まっていたプラークが取れてきたなと感じ始めたら、これまで歯磨き粉と併用から「はははのは」一本だけに切り替えてみましょう。

切り替えるタイミングは歯がツルツルキュッと感じ始めた時です。

「はははのは」にはダブルのホワイトニング成分が配合されているので、

歯の表面の汚れがなければさらに効果的にホワイトニング効果が発揮されます。

スクリーンショット 2016-08-11 13.03.37

上の写真は「はははのは」公式サイトから引用したものです。

コーヒーや赤ワイン、タバコのヤニなどで着色してしまった歯の表面がすっかり綺麗になっています。さらに使い続ける事でより透明感のある白さに近づける事ができます。

以上の事から、なるべく天然成分で優しく歯や歯茎をいたわりながらホワイトニングしたいという方におすすめです。


まとめ

『はははのは』の有効成分の中でも特に目を引いたのが「ココナッツオイル」です。

ココナッツオイルの持つ殺菌効果は非常に高く、天然由来成分であるため子供でも安心して使うことができます。

お子さんの歯の着色で悩んでいる場合に最適な成分です

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る