歯周病リスクを低減する『L8020』乳酸菌の効果的な使い方

スクリーンショット 2016-05-26 12.03.31

[L8020菌] ブログ村キーワード

前回乳酸菌を使った虫歯予防歯磨き粉『ブリアン』について徹底解説をしました。

乳酸菌入りということで、最初は虫歯を発生させる『酸』を作るから逆に虫歯が増えるのではないかということでした。

しかし、よく調べると虫歯のリスクをかなり低減する効果があることがわかりました。

乳酸菌入り歯磨き粉って逆に虫歯が増えるんじゃね??

そうこうしているうちに更に『歯周病』にも効果がある乳酸菌を広島大学の研究チームが発見したことが明らかになりました!

その名も『L8020』!!

スポンサーリンク

L8020乳酸菌って何??

『L8020乳酸菌』とは、「二川浩樹先生」が虫歯になったことがない人の口の中から分離した乳酸菌です。

乳酸菌が口の中に住んでいる真菌(カビ)の1種である『カンジダ』を破壊することが分かっています。

Candida_albicans

このカンジダ菌は健康であれば直接体に害を及ぼすことはありませんが、網目状の構造を作るため他の菌が絡まって停滞するため、様々な病原菌の温床を作ることが知られています。

しかし、カンジダ自体も数が増えることにより『口腔カンジダ症』などの重篤な疾患を招きます。

Oral_thrush_Aphthae_Candida_albicans._PHIL_1217_lores

L8020乳酸菌が入ったタブレットなどを口の中を清潔にした上で食べることによって、数分でカンジダを破壊することができます。

L8020が虫歯に及ぼす予防効果とは?

幾つかの研究から、虫歯菌の入った溶液の中に『L8020乳酸菌』を入れることで99.9%以上のムシバ菌が減少することが分かっています。(1)

これによって酸を発生させる菌数を減らすだけでなく、「グルカン」という水に溶けにくくて菌の温床となる物質を作らせなくします。

この相乗効果で虫歯の発生リスクを抑えるのです。

歯周病や歯肉炎に対する抑制効果は?

L8020乳酸菌がいくつかの「歯周病菌」を殺菌する効果があることが各種の研究から分かっています。

Bacteroides_biacutis_01

『歯周病』は「虫歯」以上に様々な菌が複雑に絡んで発生している病気のため、そのすべてを殺菌できるとは言い難いです。

しかし、代表的な菌種を殺菌できる、あるいは抑制する効果があることが分かっているのです。

さらに評価すべきはLPSに対する中和効果です。

『LPS』とは菌自体が持っている毒素のことです。

菌は自分の外に向かって毒素を放出して周りのバクテリアや免疫を殺し、優勢な立場になろうとします。

これがいわゆる『外毒素』

その他にも菌を覆っている殻自体も毒を持っていて、これを内毒素(LPS)と言います。

実は歯周病の多くは、このLPSによって引き起こされ、長引くのです。

「L8020」によって口の中や深い歯周ポケットの中にあるLPSすべてが破壊・中和されるわけではありません。

しかし、少なくとも「L8020」が接することができる浅い歯周ポケットや菌が多く集まる舌の上などに対する効果は期待できます。

L8020乳酸菌が配合された製品は?

現在「L8020」が配合された製品には3タイプあります。

マウスウォッシュ

洗口液には大人用と子供用があります。

違いは味の違いと考えて良いです。

子供用の方がより刺激が少なくできています。

このチュチュベビーはかなりおすすめで、アップルミント味なので子供が喜んでうがいしてくれます。

タブレット

タブレットがオススメのポイントは長く口の中にとどまっていることです。

マウスウォッシュはうがいした時だけ菌が作用しますが、これなら舐めている間ずっと作用し続けてくれます。

一番良いのはガムですが、今の所ないようです。

味も豊富に存在し、レモン味の他に「イチゴ味」「ヨーグルト味」 があるのでおやつとして与えると効果的です。

その際、噛まないで舐めるように指導してください。

ヨーグルト

ヨーグルトもタブレット同様オススメです。

子供も大人も関係なく選べますし、職場にも持っていくことができる大きさなのでお弁当のお供として利用すれば効果的に虫歯・歯周病予防対策を行えます。

まとめ

『L8020乳酸菌』はまだ発見されて間もない乳酸菌ですが、すでに多くのエビデンスが集まっており、手軽に取り入れることができるので歯周病や虫歯の予防策として取り入れることを強くオススメします。

  1. ジェクスが一般財団法人日本食品分析センターに依頼

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る