砂糖の様で砂糖じゃない!『エリスリトール』の不思議!

acdd469af97725d35a909fa73788966a_m

[エリスリトール] ブログ村キーワード

これまで「歯周病Tips!」では、キシリトールやアスパルテームといった王道の糖アルコール、人工甘味料についての文献に基づいた解説を行ってきました!

「歯周病Tips!」ファンなら、もうキシリトールアスパルテームについてはかなりくわしいんじゃないかな?

そこで、今回は甘味料シリーズ第3弾として、『エリスリトール』について徹底大解剖しちゃいます!

スポンサーリンク

エリスリトールって何??

エリスリトールとは「エリトリトール」とも呼ばれ、キシリトールと同じ「糖アルコール」の属する化合物です。

炭水化物とアルコールの中間に属するこの成分は、果物のなどの自然食品などに多く含まれていますが、加工食品などにもよく使われています。

ちなみに「糖アルコール」にはエリスリトールの他に次の様な種類があります。

  • キシリトール
  • ソルビトール
  • マルチトール

しかし、実は同じ糖アルコールでも『エリスリトール』はちょっと変わった性質があります。

例えば、含まれている熱量が全然違います。

  • 砂糖:4cal/g
  • キシリトール:2.4cal/g
  • エリスリトール:0.24cal/g

「エリスリトール」は砂糖の『70%の甘さ』があるにも関わらず、『たった ”6%” の熱量しか無い』という驚くべき物質なんです!

その理由は、エリスリトール特有の分子構造が、人間の体内では分解する事ができないからです。

血糖値やインスリンを急激に上昇させない!

人間の体内にはエリスリトールを分解できる酵素がありません!

そのため、血流に入ったエリスリトールは分解される事なく、尿中に排泄されます

もしも健康な人がエリスリトールを摂取しても、血糖値やインシュリンレベルに変化はありません。

しかも、コレステロールや中性脂肪、その他の生化学的な数値に何ら影響を与えない事が分かっています。(1)

「糖尿病」やその他の代謝系の病気を患っている肥満患者にとって、エリスリトールは「お砂糖」の代わりとして、これ以上無いほど素晴らしい成分なのです!

エリスリトールは口の中の細菌の餌にならない!

糖分は「虫歯」の最大の原因です!

口の中の「ムシバ菌」は主に砂糖を食べて増殖します。

もしも、ミュータンス菌などのバクテリアが十分な量の砂糖を摂取すると、増殖し酸を分泌する様になるのです。

これが歯の表層のエナメル質を溶かして「虫歯」を作ってしまうのです!

『歯周病Tips!』でも度々登場する「キシリトール」などの糖アルコールは、バクテリアが養分として使えないので、虫歯を抑制する効果があります。

キシリトールについては以下の記事をご参考にしてください!

『キシリトールの効果』について知っておくべき全てを大暴露


エリスリトールの虫歯への影響については多くの研究者たちが実験を行っています。

その結果、幾つかの研究ではエリスリトールを摂取する事によってプラークが減少し、歯に有害なバクテリアを抑制する効果があったと報告しています。(2,3,4)

485人の生徒を3年間にわたって追跡調査した研究では『エリスリトール』の虫歯予防効果が「キシリトール」や「ソルビトール」よりも優れていたという研究結果が出ています!(5)

エリスリトールを摂取すると体の中でどう変化する?

実は、糖アルコールが消化器系の異常を引き起こすという勧告があります。

その理由いうのが人間の体の中では糖アルコールを完全に分解できないため、腸内の細菌の餌になってしまうからというものです。

しかし、これに関してエリスリトールは他の糖アルコールと違います!

エリスリトールのほとんどはバクテリアが豊富に存在する『大腸』に届く前に体の中に吸収されてしまいます。

大腸の手前の小腸から吸収されて血中に移行するのです。

血中に入ったエリスリトールはしばらく循環したのち、90は分解される事なく尿中に排泄されます(6)

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_m

エリトリトールと消化器官の関係

摂取したエリスリトールのほとんどは血中に移行しますが、ほんの少しだけ腸内細菌に届きます。

しかし、腸内細菌はエリスリトールを栄養分として代謝する事ができません。(7)

実際に体重1Kgあたり1g以上のエリスリトールを摂取した実験からも証明されています!(8,9)

一方で、ある研究では1回に ”50g” のエリスリトールを摂取したところ、吐き気や胃がゴロゴロいう症状が出たという報告もあります。(10)

どちらにしても1度に大量のエリスリトールを摂取しない限り、こう言ったトイレにかけ無用な不幸な事態にはならないので安心してください。

エリスリトールの代謝経路や毒性に関しては動物を使った多くの研究がされていますし、長期間に及ぶ摂取でも健康を害する様な効果は無い事が分かっています!(11,12)

まとめ

今回エリスリトールに関して調べた限りでは、エリスリトールに関するネガティブな研究結果はありませんでした!

ここでもう一度『エリスリトール』についてまとめてみましょう!

  • ほとんどカロリーが無い
  • 砂糖の70%の甘みがある
  • 血糖値を上昇させない
  • ほぼ副作用が無い
  • 稀に下痢や吐き気などを催す

しかし、こういったローカロリーの甘味料に関して完全に安全かと言われると、力強く『イエス!』とは言えません。

これらの人工甘味料はカロリーが通常の砂糖と比べて低いにも関わらず、長期間の大量摂取による肥満や糖尿病との関連性が疑われているからです。(13,14,15,16)

これは、カロリーが無い事が逆に脳を刺激して食欲を増進させるからだと考えられています。(17)

肥満の研究をしている科学者の中には、こうした低カロリーの人工甘味料を使った加工食品が肥満を助長させていると考えているほどです。

これからの研究に期待といったところですね!

この記事の参考文献はコチラから検索できます!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る