”虫歯” は削らないより削る方が良い?最新のむしばの治し方!

術中
スポンサーリンク

歯を削らない歯医者さんが良い歯医者さん?

虫歯を削らない歯医者さんが良い歯医者さんだと思っていませんか?もちろん歯を削らない方法がとても効果的な症例もあるのでしょう。

よくある方法が抗生物質を虫歯表面に置いて、殺菌するという方法でテレビでも取り上げられたため一般の方からするととても魅力的な方法に感じたかと思います。

しかし、どうでしょう?もしも『ウンチをした後に拭かなくても良い殺菌スプレー』というものがあったら人はお尻を拭かなくなるのでしょうか?

私の個人的な意見としては、そういうものがあったとしても拭くと思います。いや、絶対吹きます。

ちなみにお口の中は「うんち」の10倍細菌が潜んでいると言われ、特に寝起きが一番細菌数が多いです。

この動画は、実際の患者さんのお口の中から採取した針先ほどのプラーク(歯垢)を顕微鏡で見たものです。

削って治す。神経も取らなくていい虫歯治療

虫歯は大きくなると神経にまで達してしまいます。これまでは虫歯が大きい場合は神経を抜く治療をしなければなりませんでした。

まずは下の写真を見て下さい。

虫歯を削る前

術前

左側の歯には詰め物の下に虫歯があります。さらに歯と歯のあいだからも虫歯ができてしまったのでどこかの歯医者さんが応急処置でオレンジ色の詰め物を詰めたようです。

虫歯を削った後

術中

これがムシバを削って取り去った後です。よく見ると歯に小さい赤い点があるのが見えると思います。これが「歯の神経」です。

ちなみに下の方にある黒い部分は虫歯のせいで ”健康な” 歯が黒くなってしまった部分ですので、虫歯の取り残しではありません。

通常はここまで虫歯が進行していると神経を取る治療にしなくてはなりません。

歯の中には神経と血管が入っている管があり、常に歯にみずみずしさと弾力性を与えています。もしも歯の神経(歯髄)を取る治療をしてしまうと歯に水々しさがなくなり枯れ枝の様に折れやすくなってしまいます。

それだけでなく、神経を取った後の歯に金属の土台を置き、大きい被せ物をしなければならないので、費用の面でも時間の面でもコストがかかります。

さらにこの症例の場合、削らずに治すのはほぼ不可能と考えてよいでしょう。

そこでおすすめの方法がMTAセメントを使う方法です。

神経を取らずに治せるMTAセメント

MTA後

MTAセメントというのは、ポートランドセメントと言われる建築などに使用されているセメントから毒性の高いヒ素を取り除いたお薬です。

通常の歯科で使用している材料のほとんどは体の細胞とくっつくことができないため神経の部屋に空いてしまった穴をふさぐ能力はありません。

しかし、MTAセメントだけは歯髄細胞が付着し、増殖する足場を作ることができるので周囲にバクテリアなどの感染がない場合100%穴を塞ぐ事ができます!

さらにMTA自体に殺菌効果もあるため、多少のバクテリアであれば死滅させる能力もあります。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカをはじめとする海外では広く使用されています。

MTAセメントが奏功し、空いた穴が塞がる。

術後

これは患者さんに協力していただき数週間後に詰めたものを取り除いたところです。

以前は穴が空いていた部分に新たに白い象牙質ができているのが見えると思います。

これは「削らずに治す」ということだけに固執していては、決して得ることのできない治療結果です。この患者さんはこの治療の甲斐もあってこの歯でより長く健康的な食生活を送る事が出来る様になりました!

削らない歯医者さんがよい歯医者さんというのは時代遅れ

私個人的な意見としては「削らないで治しましょうね!」というのは『極力歯を削る面積を減らして最大限歯を健康な状態に戻す努力をする』という意味合いだと捉えています。

しかし、この言葉が一人歩きして『削らない=上手い、技術力がある』と捉えられがちです。

これからは患者さん一人一人が自分の健康をより高めるために、何が正しくて何が悪いのかをきちんと区別できる知識をつけていただける様に情報を発信し続けていきたいと思います。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る