ダイエット食品『バジルシード』に心臓保護効果がある事が判明!

basil_seed

[チアシード] ブログ村キーワード

今、巷で人気の「チア・シード」それよりもさらにダイエット効果が高いのがあるって知ってましたか?その名も『バジルシード』!!

今回は謎の多いバジルシードについて深く掘り下げていこうと思います。

スポンサーリンク

そもそも『チアシード』って何?

チアシードというのは、ニューヨークを中心としたアメリカの健康食料品店で注目を集めている食材で、水と混ぜると「タピオカ」のようになる穀物です。

水につける前はゴマみたいなサイズですが、水を含ませると30倍に膨れるので、満腹感を誘発して食事の量を減らすことができる食材ということで、セレブやモデルさんの間でも流行っています。

日本だと「ローラ」さんや「道端アンジェリカ」さんがはまっているそうです。

海外だとスーパーモデルの「ミランダ・カー」さんだそうです。

チアシード

また栄養価は高く、「食物繊維」が玄米の8倍、心臓や循環器に良いとされる「オメガ3脂肪酸」が他の食品を抜いてダントツに高いそうです!

そのため、便秘で悩んでいる人や美容に気を使っている女性から熱い支持を得ています。

メキシコでは紀元前から食べられていたそうで、大さじ1杯食べれば1日生きながらえることができるとさえ言われていたスーパーフードです。

今では見た目の美味しさも相まってチアシードを使ったレシピなんかも充実してきているので、これから始める人はさらに美味しく始められそうですね。

チアシードよりすごい『バジルシード』の効果

んで、今回の主役はそんなスーパーフードチアシードよりもすごい『バジルシード』です。

basil_seed

見た目はほとんどチアシードと変わりませんね。

あとはそのダイエット効果ですが、これもチアシードと同じく30倍に膨らんでくれるので、少ない量でしっかり満足感を得ることができます。

しかも「食物繊維」がチアシードの ”1.3” 倍あって、「カロリー」はチアシードの ”1/5” とさらにダイエットにうってつけの食品になっています。

ちなみにチアシード1gあたりのカロリーが5kcalなので、バジルシードは1gあたり1kcalということになります。

計算もしやすいですね!

この間テレビ番組の「バイキング」でやっていた企画では1週間いつもの食事にバジルシードを加えるだけで体脂肪率が3%、体重が3キログラムも減っていました!

しかも、無理な運動をする必要もなく、単純にバジルシードによる満腹感を得ながらなので辛くはなかったみたいですよ!

オメガ3脂肪酸が心機能を改善して心臓病を予防!

これはチアシード、バジルシードどちらにも共通することですが、オメガ3−脂肪酸という成分が他の食品よりも群を抜いて含まれています。

実はこの「オメガ3ー脂肪酸」は今、医学界でも注目を集めている成分です!

ω3-脂肪酸の効果

簡単にいうと心臓を動かしている『心筋』は、生まれた時にはほぼ完成された状態なので、生後、新たに心筋の細胞が作られることはありません。

そして、一度傷ついてしまうと、修復されにくく特に心不全などで炎症を起こしてしまうと傷ついた組織を体内のマクロファージという細胞が食べて、代わりに「繊維」で埋めてしまうので心臓としての機能が落ちてしまいます。

最近の研究で分かったのは、特に心不全のような心臓に炎症がある場合に、その心臓の炎症を鎮めて、心筋が繊維化してしまうことを防ぐ作用があるというのです!!

つまり、オメガ3脂肪酸には『心臓保護作用』があるのではないかということで研究が盛んに行われているわけです!

これに関しては心臓保護作用があるという事まではわかっていて、どういう理由でそうなっているのかがわかっていない状況です。

これに関しては、また新しい情報が入り次第、お伝えしていきますね!

まとめ

チアシードやバジルシードはダイエット食として効果が高いだけでなく、便秘や炎症を抑える効果もあるので健康管理食としての機能も併せ持つ「スーパーフード」と言えます!

しかも、心臓保護効果もあるため、若い方からお年寄りの方まで幅広く食べることを推奨する食品です!

ちなみに「バジルシード」は楽天で購入することができますよ!

こっちは、チアシード!!!

ちなみに楽天でお買い物をする時は『楽天カード』を持っていると年会費が無料だし、ポイント付与率が高いのでおすすめです。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る