栄養摂取効率が3.8倍も違う話題の『ホールスロージューサー』

スクリーンショット 2015-10-30 9.22.48

ダイエットや健康管理に効果のある栄養摂取効率が普通に野菜を食べるよりも”3.8倍”効率的にしてくれるKuvings(クビンス)のジューサー、『WHOLESLOWJUICER』が健康志向の方の間でとても人気です!

クビンズといえば、これまでヨーグルトメーカーやチーズメーカーが有名でした。

しかし、2015年に発売された新モデルのジューサーが野菜も果物も ”皮ごと食べられる!” とモデル業界の方たちやハリウッド女優さんたちから熱い指示を受けています!

スポンサーリンク

栄養素が通常の3.8倍も違う!

クビンスのジューサーの特徴は『低温圧搾式(コールドプレス)』で、果物や野菜に含まれる酵素や壊れやすい栄養素を無傷の状態で摂取できるところです。

どんなものがジュースにできるかというと、「リンゴ」や「人参」はもちろんの事、「キウイフルーツ」や「みかん」だって ”皮ごと” 投入できます!

食材をいちいちカットする必要が無いので、朝忙しい時間帯でも ”美味しく” て ”フレッシュ” なジュースを飲む事ができます!

また栄養摂取の観点からも、野菜や果物の細胞を破壊してくれているので、吸収率が約3.8倍も違います!

ですので、育ち盛りで野菜嫌いなお子さんに効率良く野菜を摂取させたいお母さんにはもってこいのアイテムです!

一番良いのは、フレッシュジュースで飲むのが効率的でオススメですが、野菜嫌いのお子さんになかなか受け入れてもらえ無い場合は使い方はカレーやスープなどに混ぜて使うとすんなり食べてもらえます!

野菜は形が残っている事に抵抗がある事が多いですから、野菜と認識させなければいいんです!

酸化させずに絞る事ができる!

通常のミキサーやジューサーはカッターが高速回転するので、たくさんの空気を巻き込みながら切削すするため出来上がった時ジュースはすでに ”酸化” してしまい体にいい成分が変質してしまっています。

これは市販されている野菜ジュースやっフルーツジュースも同じです。

しかし、このホールスロージューサーは効率良い刃が低速回転で絞るので巻き込む酸素量が少なく酸化のリスクを最小限に抑える事ができます。

ワインなども酸化させてしまうと中の成分が変質してしまうので、酸化させ無いように色々工夫しますよね?

それと同じく『酸化』というのは栄養素にとって大敵なんです。

酵素が減らないジューサー『クビンス・ホールスロージューサー』の効果とは?

皮ごと放り投げられる!

さらにクビンスのジューサーの利点は、野菜でも果実でも皮ごと放り投げてジュースにできるところです。

果実の重要な「酵素」や「食物繊維」は、皮の部分に多く含まれています!

つまり、普段皮をむいて食べている食品は食物繊維を捨てて食べている事になっています。

これでは、フルーツのカロリーの高い部分だけを選択的に食べている事になってしまいます。

ですので、特に普段皮ごと食べられ無い「みかん」や「キゥイ」、「パイナップル」「レモン」「にんじん」などなどに関しては、丸ごと栄養素を摂る事ができます。

しかも食物繊維を豊富に含んだ部分も一緒に摂取できるので健康的なダイエットをする事ができ、美容効果もあるのでモデルさんたちも愛用なさっているようです。

さらに朝の忙しい時間でも調理の手間が省けるので、フレッシュジュースを家族に飲んでもらいたいというご家庭にはとても重宝されているようです。

まとめ

人は寝ている間にコップ数杯分の水を失っていますので、朝の目覚めの一杯は水分補給という点で非常に大切です。

実は脳卒中の発生率が朝に多いことをご存知でしたでしょうか?

朝は体の水分量が少なく、血液がドロドロしているため詰まりやすいからと言われています。

目覚めの一杯にコーヒーという方もいらっしゃるかもしれませんが、コーヒーに含まれるカフェインは体を起こす役割もありますが、細胞内の水を奪ってしまう効果もありある意味で脱水症状を招いてしまいます。

コーヒーを飲むとおしっこが多くなるというのは、体の細胞内の水分が奪われて排出されているからです。

こういった理由から、『朝の目覚めの一杯』にはクビンスのジューサーを使った『フレッシュジュース』を飲むことを強くオススメします!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る