ホワイトニングが”セルフ”で出来る『歯磨き粉ジェル』5選!

9abea7d08ade71005f35d3207bef0dc4_m

ホワイトニングも以前に比べて一般的になってきて最近は「ホワイトニングバー」という名前で施術を行っているクリニックもあるみたいですね。

これまでは ”歯医者さん” でしか行うことのできない専門的な治療でしたが、最近では自宅で簡単に出来る「セルフホワイトニングジェル」商品がたくさん出回るようになりました。

そのため東京や大阪といった大都市に住んでいなくても簡単に美しくて健康的な見た目の歯になることができます。

そこで今回は、数あるホワイトニング製品の中から選りすぐりの商品をご紹介していきます!

スポンサーリンク

Pearl White ProEX




「パールホワイトプロEX」はモデルの「くみっきー」さんが愛用していることでも有名です。

結構、美容雑誌やテレビで見たことがある方も多いのではないでしょうか?

この商品の有効成分は「りんご酸」です。実はリンゴ酸に限らず ”酢” というのは洗浄効果があります。

昔CMで『お寿司屋さんは知っていた〜♪』というお酢の力を利用した台所洗剤がありましたが、お酢には有機質成分を溶かす効果があるのでああいった商品ができました。

歯の着色の原因となっているステインもほとんどが食べ物や飲み物由来のモノですから「有機質」でできています。

ですので、お酢の力を利用した「パールホワイトEX」は的をリンゴ酸という食品に含まれている安全性の高い成分を利用している点でも ”的を得た” 商品だと言えます。

そのほかにも薬用成分としてIPMP(イソプロピルメチルフェノール)が配合されていて歯周病やバイオフィルムに効果があるとのことですが、この成分はごく一般的な殺菌成分です。

なので、歯周病予防に関してはとりたててパールホワイトが優れているというわけではありません!

『パールホワイト』が少ない金額で効果の高い理由

薬用ポリリンジェル


これも非常に面白い製品です。

何が面白いかというとポリリンジェルの有効成分である『ポリリン酸』がユニークな分子で、作る分子の大きさによって機能が変わってくる点です。

ポリリン酸の分子構造による機能の差に関する詳しい情報はこちらをどうぞ!

そして、やっぱりこれも『酸』ですね!先ほどのりんご酸同様、ポリリン酸ももともと体内にある物質なので安全です!

さらにポリリン酸には歯周病原菌やカビ菌を殺菌してくれる効果があります!

それに加えて、薬用ポリリンジェルには『ヒノキチオール』という檜から抽出されたエキスが配合されていて、このヒノキチオールは殺菌効果が高いとして様々な分野で研究が盛んに行われている物質なんです!

ですので、「薬用ポリリンジェル」はホワイトニングをしつつ、虫歯や歯周病に対する予防効果も高い歯磨きジェルと言えます!

低刺激で安全なので、お子さんにも使用できます!


薬用オーラルパール


なんか名前が似ている商品が多くて舌を噛みそうなんですが、こちらの「薬用オーラルパール」は専用の電動歯ブラシが付いてくるというセット商品のホワイトニングジェルです。

正直な話、電動歯ブラシの方は期待しない方が良いです。

電動歯ブラシはやはり、ソニッケアーが一番良いですから、もしも電動歯ブラシの購入を検討されているのであれば、ソニッケアーを選んで下さい!

ソニッケアー、どれを選べばいいの??

さて、このオーラルパールという商品ですが、コンセプトが『ステインが入り込めるくらい小さな歯の表面の傷を埋めて着色を防止する!』です。

そのために「ハイドロキシアパタイト」という歯を構成している成分が配合されています。

このハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイトともいう)は唾液中にも含まれている成分で、普段の食事に含まれているさんによって溶け出した歯の表面をコーティングする役割があります。

ですので、理にかなっています。

さらに着色融解成分として「マクロゴール400」という成分が配合されています。

「マクロゴール」と言うのは有機溶媒の一種で「400」は分子の大きさを表しています。

400という大きさは比較的小さい分子量で、これが歯と歯の間の傷に入り込んで汚れを溶かし出すという作用があります。

マクロゴール自体は医学の分野で基材として軟膏などに使われている物質ですので安全性は問題ないと考えて良いでしょう!

まとめますと、

『歯の細かい傷に入り込んだ着色を除去しつつ、歯の表面をコーティングして再び着色しないようにケアしてくれるジェル』

ということになります。

これも最初に紹介した「パールホワイト」同様殺菌成分IPMPが含まれているほか、抗炎症成分の「アミノカプロン酸」や「グリチルリチン酸」など多くの薬効成分が含まれているので、虫歯・歯槽膿漏予防に良い歯磨き粉です。

今のところ、一番おすすめですね。

レディホワイト



「レディホワイト」は千葉テレビの「シャキット!」という番組で紹介されて地元では名のあるホワイトニングジェルのようです。

成分を見てみると有効成分として「アラントイン」という成分が含まれています。

これは化粧品や美容液などによく入っている成分で、効果としては ”抗炎症作用” があります。

つまり、お肌につけると肌のほてりや炎症を抑えるので、ホワイトニング効果がありますが、歯につけても意味が無い成分ということです。

ですからホワイトニング効果はありません!

唯一、ホワイトニング効果があるとすると「研磨剤」が配合されているので、歯の表面を傷つけながら着色を落とすという作用があります。

しかし、これは一般的な歯磨き粉と同じ効果ですし、歯を傷つけてしまうということで、最近は歯医者さんでは推奨していない方法です。

「アラントイン」の抗炎症作用を利用して ”ホワイトニング” としてではなく、”歯肉炎対策” として使うと効果が期待できるのではないでしょうか。

ホワイトニングジェル ブラニカ


「ブラニカ」も雑誌やラジオなどで紹介されて非常に反響の大きいホワイトニングジェルです。

私の趣味として広告に使用されている女の子が非常に可愛らしいので応援したい商品のひとつです。

しかし、ここは科学的に行きたいと思います。

「ブラニカ」の有効成分は2番目に登場した「ポリリンジェル」と同じく『ポリリン酸』です!

「ポリリン酸」の安全性と効果の高さは間違いないので、ホワイトニングの効果は確実だと考えて良いです。

価格の面で行くと、人気が高い商品だから売れ行きが良いのか、ポリリンジェルと比べてだいぶ安いです!

ホワイトニングは継続して使い続けていくことが前提ですので、少しでもコストを減らすことが大切です。

そういう点でも考えると、『ブラニカ』はお買い得で、効果も確実にある商品なので、この5つの中では一番おすすめした商品です。

まとめ

以上のことから比較検討して勝手にランキング致しますと、以下のようなランキングになりました!!

  1. ブラニカ

  2. 薬用オーラパール

  3. 薬用ポリリンジェル

  4. パールホワイト

  5. レディホワイト

どうですか!

これはあくまでも配合されている「有効成分」と個人的な「感想」から導き出した結果なので下位にランクインした製品が悪い製品というわけではありません!

ホワイトニングは美容効果が高い製品として、スキンケアの次に大事な美容方法ですのでこれからもどんどん新しく良い製品が追加されてくると思います。

また新商品が出たら、検証していきますね!長文でしたが、ここまで読んでいただいてありがとうございました!

ホワイトニングに関する豆知識

ホワイトニングは大阪の梅田や北海道の札幌、つくば、富山、熊本、千葉、宮崎など池袋や大宮、心斎橋などの関東圏のみならず日本全国でニーズが高い治療です。歯の着色自体は病気とは違うので治療と表現していいのかはわかりませんが、柏や原宿、渋谷、吉祥寺、新宿などの人が多く集まる場所に口コミで人気が高い「ホワイトニングバー」も密集しています。特に仙台や福岡、神戸などは夜の仕事が多い地域ということもあって男性、女性問わずニーズの高まりを見せているようです。中には危険な薬品を売りつける悪徳な業者もいるかもしれませんので気をつけて下さい。ホワイトニングには歯医者さんで時間をかけて行う「オフィスホワイトニング」とマウスピースを使って行う「ホームホワイトニング」があり、どちらかというとホームホワイトニングの方が薬液の効果が長く作用するため効果が高い傾向にあります。また薬局やamazonで市販されている安いホワイトニング用歯磨き粉は研磨剤が配合されている商品が多く、自宅でできるので手軽ですが、間違えて使いすぎると大事な歯を痛めることにもなりかねないのであまりおすすめしません。海外では「エクセルナイトホワイト」というホワイトニングジェルが一般的です。通常ホワイトニングは1回の治療では「効果なし」のことが多くこれは、薬液が有機質と接するとその効果が減弱し効果ない成分に変化してしまうからです。またホワイトニングは歯の表面をすりガラスのように傷つけて、濁らせ白く見せる治療方法なのでカレーやコーヒーなど色の濃い食事をすると細かい傷の間に色素が入り込んでまた色がつきやすくなります。このためホワイトニングの効果期間は約半年と考えて再度行った方が良いです。少しでもホワイトニングの効果を長く保つには色の濃い食事をした後にガムを噛んで唾液の分泌を促進させたり、歯を磨いて色素をこすり落とすようにすると良いです。ホワイトニングand料金に関する質問が多く寄せられますが、ホワイトニングの治療費は自費診療なので病院によって値段はまちまちです。ホワイトニングand東京のパターンだと大体相場は1本の歯につき2万円から3万円と考えていただければ良いのではないでしょうか。アマゾンやアットコスメ、2chなどで人気や評判が高い製品が必ずしも良い製品とは限らないので、このページでホワイトニングに関する正しい知識を学んでいただけると幸いです。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] middot; エイジングケア · セルフケアグッズ · ニュース · 健康維持 · 医療従事者向け · 未分類 · 歯周病 · 矯正 · 美容 · 虫歯 …(続きを読む) […]

トップへ戻る