ホワイトニング効果が高いという『ポリリンジェル』を検証!

0eea40d3169b163b073eb7d9905eaa5b_s

今回は自宅で簡単にできて、しかも満足のいくホワイトニングができるというふれこみの歯磨き粉『薬用ポリリンジェル』について科学的に検証していこうと思います。

薬用ポリリンジェルシリーズはジェル・リンス・スプレーの3つの製品から構成されています。

ジェルではを磨いて、リンスではの表面をコーティングし、スプレーでケアをするというのがコンセプトです。

この「薬用ポリリンジェル」シリーズに特徴的な成分が、 ”分割ポリリン酸” と言うものを配合している点です。

そもそもポリリン酸とはなんなのかというところから、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

話題の『分割ポリリン酸』を配合


ポリリン酸とは「酸素」と「リン」からできた化合物です。

実は『リン酸』というのは歯科治療の領域でも広く使われている成分です。

例えば、虫歯の治療で詰め物をする時に、詰め物というのは ”ボンディング” と呼ばれる接着剤でくっつけます。

この時、少しでも接着する表面積を多くするために、歯の表面を一層とかしてあれさせるために『37%リン酸』を使用します。

その他にも、被せ物を接着したり、”揺れている歯” 同士を接着剤で固定したり、歯周病治療で外科処置を行った際にも使用します。

また人間に限らず全ての生き物がエネルギー源として使っている分子が『ATP(アデノシン3リン酸)』です。

これもリン酸でできています。

ですので、安全性の面で『リン酸』は広く一般的に問題ないと考えて良いです。

また『ポリリン酸』を長年研究してこられたポリリン酸研究の第一人者 北里大学の「柴 肇一(しば としかず)」先生のお話ではポリリン酸は分子の長さによって機能が全く異なるとのことです。

1959年にノーベル賞を受賞したアーサー・コーンバーグ博士も後世ポリリン酸の可能性に目を留め研究に没頭し、そこで研究員として研究をなさっていたのが「柴先生」です。

長さの違いによるポリリン酸の機能

①長鎖ポリリン酸

長鎖ポリリン酸は特に『真菌(カビ)』に対して増殖を抑制する作用があります。

また歯周病の原因菌である『P.gingivalis』や虫歯の原因菌である『S.mutans』という細菌にも殺菌作用するがあることが分かっています。

また長鎖ポリリン酸は抗生物質と合わせて使うと、効果が増大することまでわかっています。

これは凄いことです!

②中鎖ポリリン酸

中鎖ポリリン酸は体内でのコラーゲンの産生を増やしたり、創傷治癒促進効果・骨再生効果・血管新生効果など健康だけでなく美容にも良い効果があることが分かっています。

また、通常に作られるコラーゲンよりも太い丈夫なコラーゲン繊維が作られることまで分かっています。

実際に「松本大学」の関連病院で行われた高齢の歯周病患者さんを対象にした臨床試験では、ポリリン酸水溶液で専門的な治療をすると歯周病・歯槽膿漏が改善し、しかも一部の患者さんは失われた歯槽骨が戻ったと言うのです。

私は歯周病専門医なので、一度失われた歯槽骨を回復させることの難しさをよ〜〜〜く知っているので、これは本当に素晴らしい実験結果だと思います!

③短鎖ポリリン酸

そしてお待ちかねの『短鎖ポリリン酸』です。

分割ポリリン酸とはこの短鎖ポリリン酸のことです。

これは今までの長鎖ポリリン酸・中鎖ポリリン酸のような抗菌作用も創傷治癒促進効果もありません。

『短鎖ポリリン酸』の効果は歯の表面に付着したお茶やコーヒー、赤ワインなどのステイン(着色)を除去してくれる効果があります。

さらに!驚きなのが、歯の色は歯の表面直下にある『象牙質』という層の色が透けて見えるのですが、この象牙質の色が濃い人ほど歯が黄色く見えます。

「短鎖ポリリン酸」はこの象牙質の色素沈着すらも防止してくれるのです!!

あまりピンとこない方が多いかもしれませんが、これは本当に驚きで簡単にいうと『歯を ”外と中” から漂白してくれる』ということです。

この両方の作用を持っている分子は私は他には知りません!

『ポリリンジェル』のホワイトニング効果

分割ポリリン酸が配合されている『薬用ポリリンジェル』ですが、その他に歯磨き粉によく配合されている『グリチルリチン酸』や最新の研究で殺菌作用があることが判明している『ヒノキチオール』が配合されています。

ヒノキチオールについてはまた改めてお話ししてきますが、ヒノキの木から抽出されたエキスです。

研磨剤や発泡剤が配合されていないので、初めて使うと違和感を感じるかもしれませんが、「ホワイトニング効果」と”歯周病原菌”や”ムシバ菌”を「殺菌する効果」は信用に足るレベルであると考えて良いです。

以上のことから、短鎖ポリリン酸が配合された『薬用ポリリンジェル』はすでに歯の表面に付着しているステインを除去して手軽に自宅でホワイトニングをする美容効果があります!

薬用ポリリンジェルEX・リンスのホワイトニング効果/白くなる理由

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] ポリリン酸の分子構造による機能の差に関する詳しい情報はこちらをどうぞ! […]

トップへ戻る