口臭が解消するというお茶『なた豆茶』について考察

9600cf5531ce6a576bbf365b8e40c450_s
スポンサーリンク

お口の不快症状を解消してくれるお茶

今回もまた面白いお口の健康に関わるアイテムがあったので、ご紹介しようと思います。

その名も『なた豆茶ブレンド』!

口から出るいやなにおい” や ネバネバ” した不快症状を解消してくれるお茶とのことです。今回はこの『なた豆茶』について検証していこうと思います!

なた豆ってそもそも何?

「なた豆」というのはもともとアジアやアフリカなどの熱帯原が発祥で、日本には江戸時代に清の国から伝わったという歴史があるそうです。

ちなみに漢字で書くと『刀豆』と書きます。大きさが50㎝にもなることと形が刀に似ていたことから名付けられたみたいですね!

普段の生活ではあまり馴染みがありませんが、京都では多く栽培されていて、食用の他に薬用として使われているようです。

食べ方は「さやまめ」のように茹でて食べたり、「福神漬け」や「お茶」として飲んでも美味しいようです♪

なた豆の効果は以外と幅広い!!

そんな「ナタマメ」ですが、豆の部分が薬効成分として古くから使われ、『血行促進』『排膿』『免疫力促進』などの効果があります。

特に『副鼻腔炎(蓄膿症)』という鼻の奥にある空洞に膿が溜まってしまう病気の治療薬として研究が行われています。

2002年に開催された日本口腔外科学会で行われた発表では、副鼻腔炎の中でも一般的な『歯性上顎洞炎』を患った患者さんの80%以上に改善効果があったと報告しています。

しかも通常「副鼻腔炎」というのは完治が難しく、数年にわたって長引く傾向があるんですが、この『なた豆』を使った研究では最短で ”2ヶ月” 、平均して ”4ヶ月” ほどで改善が見られています。

その他の「なた豆」の効果として、『腎臓病』『口臭』『歯周病』『痔』『メタボリックシンドローム』『関節痛』『アトピー』『吹き出物』『花粉症』と効能の範囲が幅広いのが特長です。

口臭にどう効果があるのか??


口臭の主な原因として多いのが『歯周病』です。

歯周病に関してはこのサイトで詳しくご説明してあるので、そちらをご覧になって頂ければ詳しい情報がわかります。

歯槽膿漏の原因は何ですか??

この「なた豆」を詳しく研究した方の話では、やはり歯周病自体は歯周病専門医などの専門家に治療してもらうことが第一であることは確かだということです。

治療を進めていき、お口の健康が小康状態になったあたりから「なた豆」入りの歯磨き粉などを使うと一番効果が発揮されることから、パーソナルケアとして使うのが良いです。

これはなた豆の効果として、『消炎作用』があり、歯周病原菌による炎症が改善し、口腔内の細菌のバランスが「善玉菌」寄りになるのを助けるからです。

実際に『なた豆茶』を飲んでいる患者さんは歯周病が改善しやすいということからも裏付けがされています。

まとめ

この事から『なた豆茶』は軽度の歯周病や歯槽膿漏、歯肉炎程度の状態であれば改善させる効果がある事がわかりました。

その結果、口臭の原因が解消するため、口臭を抑える効果があることが『なた豆茶』にはあります!!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 口臭が解消するというお茶『なた豆茶』について考察 […]

トップへ戻る