【歯周病専門医推奨】最近発見した調子いい洗口剤「バイオティーン」

ad2cd2f1d10c26407f369c5670163f66_s
スポンサーリンク

新しい感覚のうがい薬

最近、業者の方が試供品で持ってきてくれたサンプル品のなかで、『これはなんか新しい!』と感じた商品があったのでご紹介します。

その名も『バイオティーン マウスウォッシュ』です。

バイオティーンを作っているメーカーは『グラクソ・スミスクライン』という今にも舌を噛みそうな名前の会社ですが、これはあの有名な『シュミテクト』を販売している企業です。

バイオティーン マウスウォッシュとは?

バイオティーンシリーズはもともと、介護施設やご老人の介護の際に人口唾液として使われてきた商品です。

介護老人施設や老人ホームに往診に出かけた時によく目にするのは、ひとつはとても活発で明るいご老人たち。

彼らは人生の最後をとても謳歌しているかのように明るく、ジョークを交えて話す人や、一見堅物だけど話すと優しい人、往診が来るのが待ち遠しい人たちと色々なタイプがいてとても面白いです。

一方、時が止まっちゃったかのようにほとんど動かなかったり、寝たままだったりする方もいらっしゃいます。

彼らの多くは人とのコミュニケーションが少し億劫になったりしていて、その原因のひとつに口腔内の環境があったりします。

加齢による唾液の分泌量の減少

例えば、ご高齢の女性はホルモンバランスの影響もあって、唾液の分泌量が異常に減り、おしゃべりをすることすらままならない方がいます。

こういった方たちに朝起きてすぐに、このジェルタイプのバイオティーンのような人口唾液を口に入れるとエンジンがゆっくりスタートし徐々に活発になり、みんなおしゃべりになりだすんです!

とても活発で良い雰囲気になります。

ご高齢の女性などは特に唾液の分泌が減った方ですので、とても虫歯になりやすいです。

そして飴などをなめて、唾液の分泌を促す方法は虫歯が発生するリスクが高くて問題となっていました。

虫歯発生を抑える成分が配合されている

そこで、このバイオティーンは成分に虫歯になりにくい成分を配合して口のなかの潤いを保ちつつ、虫歯の発生リスクも抑えるといことに成功した製品です。

前置きが長くなりましたが、そのバイオティーンの成分を使ったマウスウォッシュが発売され、これを試しに使ってみたのですが、使い心地がとても良かったんです。

バイオティーンの使い心地

バイオティーン マウスウォッシュはノンアルコールタイプなのでマウスウォッシュ特有のピリピリする感じがありません。

また味が優しい甘い味なので、お子さんやご老人にも受け入れられやすいです。

また長時間口に入れていても、刺激がないので私はこれを歯磨き粉代わりにしながら、歯を磨いたりします。

今まで私がオススメしてきた『リステリンや『Gumのデンタルリンスは低刺激のものは確かにありました。

しかし、このバイオティーン マウスウォッシュのシルクのようななめらかさと優しい味わいに勝るものは今までありませんでした。

もしも今までマウスウォッシュや洗口液を使ってその刺激にどうしても耐えられない人がいたら、一度騙されたと思って使ってみることをオススメします!

あと今までにない感覚を味わってみたい人とか!(笑)

関連するオススメの記事はこちらをどうぞ!

ソニッケアーをすすめる10の理由

自宅での歯石除去は『両頭スケーラー』でできます。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る