健康の定義とは何ですか??

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s
スポンサーリンク

QOLという概念

QOL(Quality of Life)という言葉をご存知でしょうか?

日本語に訳すと、『生命の質』や『生活の質』と訳されます。

人が人らしく人生を楽しむために必要な概念として医療の世界で日常使われている言葉です。

QOLを実現するために大事な事は普段当たり前と思っている『健康』を維持する事だと考えられています。

『健康』の定義は長い間病気でない状態と考えられていました。

しかし、現代の医療では『健康』というのは、単に病気ではない状態ではなく、肉体的、精神的、社会的、霊的に良好な状態と定義しなおされています。

ちょっと複雑なので1つ1つ見てみましょう!

肉体的に良好

これは ”読んで字の如く” 何かしらの活動をするにあたり、肉体的な制約がない状態です。

例えば、怪我をしていればそれが活動の妨げになりますし、病気での後遺症も肉体的な活動の制約になります。

これを良好に保つには病気になってからあるいは怪我をしてから対処するのではなく、なる前に防ぐというのが非常に大切です。

怪我は不慮の事故もあるので、適度な運動をしたり気をつける事しかできませんが、病気はこまめに健康診断をして自分の現在の状態を把握する事で管理できる部分が非常に多いです。

今は病院に行かずに自宅で手軽に血液検査を行えるので、こういったものを積極的に利用する方が増えています。

精神的に良好

これは俗に言う『ストレス』と関連します。

例えば、仕事で上手くいかない事があって落ち込んでいる時は精神的には良好でない状態です。

また失恋なども大きなストレスとなります。

精神的なストレスは適切に治療をしないとこじれてしまう可能性があり、その場合長引く可能性があります。

また目に見えない障害なので他人の理解が得にくいのも事実です。

これを解決するにはやはり『ストレス発散』が大切です。

ストレス発散の方法は人によって違うと思いますが、大事な事はストレスの原因になっているものを忘れる事ができる何かに没頭する事です。

また『考え方』を変化させるのも大切です。

今まで理解できなかったり理不尽だと感じる事も、見方を変えると違って見えたりするものです。

ですので私は困難に直面した時は、そのストレス源にあえて接するようにしたりします。

苦手な人がいたらあえて話しかける。自分のやった事がない未知の仕事に挑戦するのも同じです。

要は自分の心がどう感じるかなので、やってみて、近づいてみて自分の許容範囲を超えてるのであれば素直に認めて投げ出します!笑

人間関係でも逃げ出して自分に合う環境を探すのは良い事だと思います。

またエステサロンなどのいわゆる癒しや旅行などで誰も自分のことを知らない土地に行って自分を解放するのもとても効果的だと思います。

私は旅行に行ける日数があるときはなるべく誰も自分のことを知らない海外に行って、ハメを外すようにしています!笑

社会的に良好

これは俗に言う『地位』や『ステータス』のことです。また『人間関係』も含まれています。

ここでいう地位やステータスは『ハイステータス』ほど『地位が高い』ほど良いと言っているのではありません。

大切なことは自分が社会の一員として認められているという実感があるということ。

この社会の一番小さいものは『家族』なので、家族関係が良好であることも大切なファクターです。

霊的に良好

これはかなりスピリチュアルな話になるので、一言で表すのは難しいですが、現代医学では人間を構成している要素は『肉体』『精神』『霊魂』と考えられています。

霊魂とは決して非科学的な分野ではなく、まだまだ解明されていない領域なのでしょう。

とにかく、WHOの定義の中ではこの3つが人間を構成する要素として重要視されています。

霊的に良好な状態とは、生きている意義だとか存在意義といったことと関わっていると私は考えています。

科学的にはかなりあやふやな分野ですが、これは一人一人が自分でどういうものかを見つけていく必要がある要素です。

『健康とは?』まとめ

このように健康を構成する要素はぜんぶで『4つ』あり、それぞれが高い状態で維持されることで総合的に健康が作り出されます。

皆さんも健康を考える際は、今の自分にどの部分が足りてないのかをよく考えるようにして下さい。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る