これからの歯周病専門医の役割

eyes-152114_1280

歯周病専門医は全歯科医師の1%ほどいる、歯周病の専門家です。

数年前より歯周病学会は『専門医』とその下位資格の『認定医』を増員させようと試みています。

また、テレビや雑誌などでも歯周病について取り上げられることが多く、歯周病に対する認知度、注目度はますます高まっていくことだと感じています。

スポンサーリンク

専門家の役割は一辺倒じゃないはず!

そんな中で私たち『歯周病専門医』はこの与えられた使命を全うしていくべきなのですが、今の時代『治療一直線』で使命を全うしようというのは、少し時代遅れになってきているようにも感じます。

9f9e1c0643e588f0e115417d167961d6_s

巷には健康に関するサプリメントやダイエット法が溢れています。このどれもが流行り廃りのものばかりで、毎年のように根拠が定かではない商品が名前を変えて売り出されています。

これでは、国民が本当の意味で歯ぐきの健康を取り戻すことはできません。

私たち歯周病専門医が今なすべきことは、しかるべき公的な歯周病に関するプロモーション活動を行い、歯周病患者さんが自ら病院へ通う道筋を作ることです。

すでに医師会はプロモーションを行っています。

歯科医師会はいまのところそういった動きを見せていませんし、恐らくこの先もしないでしょう。

本来であれば歯科医師会が資金を集め、歯科治療に関するプロモーション活動を行うべきなのです。

『歯周病Tips!』の役割

私がこのブログを立ち上げたのもそういった意図があるからです。

私は、歯周病専門医として活動していますが、まだまだ歯周病に対する理解度は低いと感じています。

まるで歯科医師が治したくて、患者さんがそれに付き合っていると言った構図に見えることすらあります。

ですのでまずは、我々医療従事者側がたった一つのものでいいので、しっかりとした知識をわかりやすく伝えるツールを誰もがアクセスできる場所に配置しなくてはなりません。それがこのブログです!!

個人で書いているので完成度はまだまだ低いですが、資金と人手があればできることは沢山あります。

これは私が思いつく『歯周病専門医』としての活動の1つ。

もしもこのページを見ている歯周病専門医あるいはそれを目指しているドクターがいれば是非このことについても考えていただきたいです。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る