授乳中の歯科治療は可能かどうか??【米国産科婦人科学会】

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

妊娠されている方や現在授乳中の方は、主治医もしくは歯科医院のスタッフに忘れず伝えください。今回は妊娠中・授乳中の方々から多く寄せられる疑問をまとめてみました。

前半は「Q & A 方式」で一般的な疑問にお答えし、後半は医療従事者にも読みごたえのあるアメリカ産婦人科学会の声明を元にした内容にしてありますのでご参考にして下さい。

スポンサーリンク

 妊娠中・授乳中に歯の治療は出来ますか?

妊娠中でも授乳中でも歯科治療は可能です。

ただし妊娠初期はつわりがあったり、流産のリスクが無いとは言い切れないため大きな処置は行わず、一時的な処置が可能であればそちらを選択し、出産後に本格的に始めることが一般的です。

また安定期である妊娠4~7ヶ月の時期であれば、ある程度立ち入った治療も可能です。

妊娠中・授乳中でも歯科麻酔をして大丈夫ですか?

以前に歯科麻酔薬にアレルギーを起こしたことがあったり、気分が悪くなったりした事がある方は、慎重に行うことをお薦めします。

また歯医者さんで使用される麻酔薬に含まれる成分はほとんどが血液中で速やかに分解されてしまうため、母乳への流出は影響が無いと考えていただいて構いません。

ただ妊娠後期臨月に麻酔をすると、麻酔薬に含まれる成分の影響で「早産」を誘発する可能性があるので、この時期は避けたほうが良いです。

どちらにしても歯医者に行かないで放置するのは良くないので、かかりつけの歯科医師とどのタイミングで治療を始まるか相談しましょう!

妊娠して歯が弱くなった気がします。

妊娠初期はつわりがあるため特にお口の中の清掃状態が悪化しやすく、虫歯や口内炎ができやすい傾向にあり、また女性ホルモンを餌とする歯周病原菌もいるため歯茎が血だらけになったり、腫れがひどくなると膿が出たりします。

この歯肉炎や歯周炎を放置すると後々、歯茎が下がる原因ともなります。

歯肉炎の治し方はとても単純で、「歯を磨く」ことをすれば解決します。

しかし、妊娠初期の不安定な時期は歯ブラシを口に入れただけで、吐き気、嘔吐、えづく、気持ち悪いなど歯ブラシを妨げる要素がたくさんあります。

ですので、歯ブラシ以外にも「リステリン トータルケアゼロ」などの刺激が少ないタイプの洗口剤を試してみたり、「歯科専用の高濃度キシリトールガム」のような虫歯の予防効果のある食品も併用したほうが良いです。

また嘔吐した際に胃酸によって歯の表面のエナメル質が溶けてしまうと初期症状として「冷たいものが歯にしみる」や「歯ブラシでこすった時の歯の痛み」を感じますので少しでも歯が痛い兆候があったら歯科を受診してくださいね!

よく言われる『妊娠によって胎児にカルシウム分を取られて歯や歯ぐきが弱くなった 』というのは医学的な根拠が無く、多くの場合は清掃状態が悪化が原因と考えられています。

詳しくはをこちらのページをご参考にしてみてください。

女性ホルモンと歯周病【妊娠性歯周炎】

親知らずはいつまでに抜いたほうが良いですか?

親不知(おやしらず)は現代人には「無用の長物」となっている歯です。顎がしっかりしていてまっすぐ生えている方なら問題ありませんが、多くの方は生えきっておらず汚れが溜まりやすい環境を作り出しています。

妊娠するとつわりなどで歯ブラシを磨く機会が減ったり、お口の中を清潔に保つのが難しくなりますので親知らずがある方で妊娠を希望されている方は妊娠前に抜歯しておくことをおすすめします。

また歯科矯正も同様に出産後は何かと忙しくなるので、早めに相談をしたほうが良いでしょう。

妊娠していますがレントゲンは撮影できますか?

基本的にはできます。それはこのページの一番下に記載してある「アメリカ産婦人科学会」が声明を出しているので医学的には問題ないようです。

また最近の歯科医院で使用している歯のレントゲンによる被曝量は「真夏日に2時間外にいる時に自然被曝しているのと同じくらいの量」だと言われています。

米国産婦人科学会発表による妊婦への歯科治療

2013年の米国産婦人科学会(ACOG)の発表によると、産婦人科医は妊娠中の女性に対して歯科を受診するように指導するよう勧告を出したとのことです。
この勧告は妊娠中の女性に対して歯科治療をして良いか、安全性にエビデンスはあるのか?ということを懸念する歯科医師や産婦人科医の疑問に答える形で発表されました。

アメリカでは妊婦の実に40%に歯肉炎、虫歯、歯周炎など何らかの歯科疾患が認められ、特に歯周病が喫煙習慣のある低所得の黒人に認められています。

これに対して各州でガイドラインが作られていますが、そもそも低所得層の歯科受診率が低いため効果的が出ていなかったとの事です。

また口腔衛生と心疾患、糖尿病、呼吸器感染などとの関連やう蝕の病原菌が母子感染する事も鑑み、ACOGでは妊娠初期での歯科受診と口腔清掃指導の重要性を伝えるよう産婦人科医に促したとの事です。

また妊婦に対するX線撮影に関しても以下の声明を出しています。(抜粋を表示)

妊娠中の歯科用レントゲン撮影、歯のクリーニングは安全である。

妊娠中の一般的な歯石除去などのクリーニング、歯科用レントゲン撮影、局所麻酔は安全だということを再確認しています。妊娠が虫歯の治療や抜髄や根管充填などの神経の治療を複雑化させたり、遅らせる原因であってはなりません。

また母親の口腔内を健康的に保つことで虫歯の原因となるバクテリアによる感染が低下し、結果的に子供への感染予防にもなります。これにより子供の虫歯発生リスクが低下します。(Dr.Cheng)

またアメリカ産婦人科学会は妊婦・育児中の女性に対して次のようなアドバイスをしています。

低糖質の食べ物や飲み物、1日2回のフッ素入り歯磨きペーストを使ったブラッシング、1日に1回のフロッシング、6ヶ月おきに歯科医院に歯科検診に行くことが大事です。

つわりのひどい方は胃酸によって歯が溶けてしまわないように、制酸薬を飲んだり、嘔吐した後に大さじ1杯の「重曹」を溶かした水でうがいすることをお勧めします。

こちらが英語の原文です。ご興味がある方はご参考にしてください。

Dental X-Rays, Teeth Cleanings = Safe During Pregnancy

Ob-Gyns Recommend Routine Oral Health Assessments at First Prenatal Visit

July 26, 2013

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る