歯周病の治療に使われている薬剤の効果

cfa3db178
スポンサーリンク

歯周病治療に薬は効果があるか?

結論から言うと、根本的な治療にはなりません。

歯周病というのは歯根の周辺にプラークがついて起こる病気なのでこのプラークを取り除いて、再び歯周病にならないようにすることが治療のゴールです。

抗生物質などの薬を飲むと一時的に歯周病の症状は治まります。しかしこれは歯ぐきの中に入り込んだ細菌をやっつけているだけの話で、歯根周辺の細菌は殺菌できていません。

さらにバイオフィルムの影響で薬剤も浸透しにくくなっているので、基本的に飲み薬で歯周病を治すことはできません。

歯周内科治療という治療法

歯周内科治療研究会の方には大変申し訳ないんですが、薬で歯周病を治せるという考え方には賛同できません。

実際私も歯周内科治療研究会の勉強会に出席したことがありましたが、たまたま出した症例がそうだったのかもしれませんが、全然歯周病が治っていませんでした。

《歯周内科治療》というのは強力な抗生物質を飲んで、子供の消化器の感染症に使うシロップを歯ブラシにつけて歯を磨くという治療方法で一時期話題になった治療法です。

たしかに抗生物質が強力なので一時的に膿がでるのは止まります。

しかし原因であるプラークは除去できていないのと、歯石がついたままの歯根には永久に骨は出来ないのでこれは一時的な治療だと思います。

しかし患者さんからすると膿が止まったと言うことで、治ったと感じるのでこの先生すごいとなりますが、数週間するとまた同じように排膿をするようになります。

ですから安易な治療にお金を出さずに歯周病の治療はある程度時間がかかるものだと理解して、しっかりじっくり治療してくれる先生のもとに通ってください。

良い歯医者の見つけ方

歯周病Tips! 目次ページ

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る