歯周病の治療にかかる費用

d79c5715
スポンサーリンク

歯周病治療の治療は保険が使えます

歯周病の治療には大きく分けて4段階の治療があり、基本的に国民健康保険は大体の治療を網羅しています。

  1. 歯周基本治療
  2. 歯周外科治療
  3. 歯周補綴
  4. メインテナンス

では、この各治療法について詳しく書いてみましょう。

1.歯周基本治療

歯周基本治療とは歯周病を治療するにあたって、ベースとなる治療のことです。これには次のようなものがあります。

  • 歯周病検査
  • レントゲン撮影
  • 口腔内写真撮影
  • 口腔清掃指導
  • 生活習慣の指導
  • ポリッシング(歯の表面をブラシで磨く)
  • スケーリング(表面的な歯石を取る)
  • スケーリング・ルートプレーニング(深部の歯石を取る)
  • 抜歯
  • 暫間固定(揺れている歯を固定する)
  • 咬合調整(強く当たっている噛み合わせを削る)
  • 不適合補綴物の除去(合ってない被せ物を外す)
  • う蝕処置(虫歯を治す→これも歯周病治療の1つです)
  • 歯列矯正(歯並びを治す)
  • 即時義歯の装着(治療のための入れ歯を着ける)
  • プロビジョナルレストレーション(仮歯をつける)
  • a-PDT(レーザーで歯周病菌を殺菌する)

このように歯周病の基本的な治療だけでも何項目もあり、すべての項目を治療しなくてはなりません。このうち赤文字で書いたところは保険が使えません。

2.歯周外科治療

そして歯周基本治療でどうしても良くならない部分については手術を行って歯周病を治療していきます。

  • フラップキュレッタージ(歯根についた歯石を取る)
  • 歯肉弁根尖側移動術(歯ぐきの正常を改善する)
  • 歯肉弁歯冠側移動術(下がった歯ぐきを治す)
  • 歯肉弁側方移動術(歯ぐきの形を整える)
  • 自家骨移植術(骨が無いところに自分の骨を埋める)
  • 口腔前庭拡張術(歯ぐきの形を整える)
  • 歯冠長延長術(埋もれている歯を掘り出す)
  • ファーケーションプラスティ(歯の股の部分の骨を整える)
  • 歯槽骨整形(骨の形を整える)
  • 遊離歯肉移植術
  • 結合組織移植術
  • GTR
  • EMD
  • GEM21s

ここでは各手術法の詳しい説明は省きますが、歯周基本治療後の歯1本1本に合わせて、幾つかの手術法を組み合わせて歯周病を治療します。ここでも赤文字の部分は国民健康保険が適用されません。

保険でまかなえる手術の特徴としては基本的に歯の表面の取りきれなかった歯石を取ったり、歯ぐきの形や質を改善することが目的で、失われた歯周組織は戻りにくいと考えてください。

逆に自費治療の手術は失われた骨を再生させることが出来ます。

3.歯周補綴

歯周外科が終わった後にすべての歯ぐきの状態が落ち着いたら最終的な噛み合わせを作ってなるべく残っている歯の負担を軽減するようにしていきます。

これを歯周補綴(ししゅうほてつ)治療と呼びます。これには次のようなものがあります。

  • 固定性ブリッジ
  • 連結冠
  • パーシャルデンチャー
  • インプラント
  • コーヌステレスコープ

最後の歯周補綴に関しては、使う素材によっては国民健康保険が使えますし、快適性や安定性、審美性を求めると自費治療になります。

またインプラントとコーヌステレスコープに関しては保険が一切使えません。

しかしメインテナンスをしっかりできれば大変良い治療であるということは言えます。

4.メインテナンス

メインテナンスは基本的に国民健康保険ではまかなっていません。

SPTといって歯周病が完治ではなく小康状態の人をケアする項目はありますが、できることが限られているのであまりお勧めはしません。

もっとも多いのは歯周基本治療に含まれる歯周病の検査やスケーリングを定期的に行う方法です。

行政の方針としては定期検診という行為をなぜか認めていないため、一度治療を1から始めたという形でメインテナンスを行います。

従ってかかる費用は歯周基本治療と同じです。

健康保険を使うといくらで治療できるか?

これは行政が『診療報酬』といって治療費の額を2年に1度変更するので一定していませんが大体の額を書いていきます。

残っている歯の数ややる部位数によって変化するので必ずしも万人に当てはまらないことをご了承ください。

またここでは患者さんの負担が30%だと仮定します。

1.歯周基本治療の場合

  • 歯周病検査(600〜1200円)
  • レントゲン撮影(1500円)
  • 口腔内写真撮影(150円)
  • 口腔清掃指導(300円)
  • 生活習慣の指導(300円)
  • ポリッシング(200円)
  • スケーリング(2500円)
  • スケーリング・ルートプレーニング(4000円)
  • 抜歯(1000円)
  • 暫間固定(1000〜2000円)
  • 咬合調整(200円)
  • 不適合補綴物の除去(200円)
  • う蝕処置(500円)
  • 歯列矯正(35〜70万円)
  • 即時義歯の装着(3万円)
  • プロビジョナルレストレーション(3万円)
  • a-PDT(10万円)

といった感じでしょうか。

あくまで目安なので人によって微妙に誤差が出ることは覚えておいてください。またこれに初診料や再診料その他の経費がかかりますので、少し多めに持参すると良いと思います。

2.歯周外科治療の場合

これも前述のとおり、術後の投薬などその他の経費がかかることがあるので実際はもう少しかかることがあります。ここでは1本の歯に手術を行ったことを想定しています。さっきと同じく負担する割合は3割です。

  • フラップキュレッタージ(2000円)
  • 歯肉弁根尖側移動術(2000円)
  • 歯肉弁歯冠側移動術(2000円)
  • 歯肉弁側方移動術(2000円)
  • 自家骨移植術(5000円)
  • 口腔前庭拡張術(7000円)
  • 歯冠長延長術(2000円)
  • ファーケーションプラスティ(2000円)
  • 歯槽骨整形(2000円)
  • 遊離歯肉移植術(5万円)
  • 結合組織移植術(5万円)
  • GTR(10万円)
  • EMD(10万円)
  • GEM21s(15万円)

歯周外科は大体数本を同時にやりますから、実際はやった本数分だけかかります。

また自費の歯周外科は一本の歯ごとの値段ではなく、一回の手術にかかる費用なので数本をまとめて行えば割安になります。

3.歯周補綴の場合

歯周補綴は最後の仕上げとなる治療です。基本的に保険治療も自費治療も貴金属を使う治療なので価格は高めです。

自費治療は貴金属を使う割合が多いのと、より快適にフィットするように作るため技術料が多くかかりますから高額になります。

しかしきちんとした専門医が作り、しっかりとメインテナンスを行うことができるのであればかなり長持ちをするのでここはお金をかけるべきです。

ここでは上の歯を半分(7本分)治療したと言う過程でいきます。負担額は同じく3割です。あくまで大体の額ですからね。

  • 固定性ブリッジ(2万円)
  • 連結冠(2万円)
  • パーシャルデンチャー(1万円)
  • インプラント(280万円)
  • コーヌステレスコープ(100万円)

実際はインプラントを片方の顎に7本もやったりということは少なくて、この幾つかを組み合わせて行います。インプラントは大体一本40万円前後と考えて良いと思います。

たまにものすごく安く行っている歯科医院があります(10万円代)が、少し考えたほうが良いかもしれません。

他人の商売の邪魔をするつもりはありませんが、ちょっと危ないです。

以前、外国籍の歯科医師がインプラント治療をやるだけやってお金をぼろ儲けした後に、その後のケアを周りの歯科医院に押し付けて自分は母国に帰国という人がいました。

ここはインプラント植えるの専門だからその後のケアは責任ないよという主張だったのですが、これは倫理的にちょっとおかしいですね。

ですから価格の安さだけを見ないでその後のケアや管理をどういった風にやってくれるのかまで確認してから決断したほうが良いと思います。

4.メインテナンスの場合

前述のとおり、メインテナンスにかかる費用は基本的に歯周基本治療と同じです。

しかしインプラントのケアなど自費治療に対しては保険でケアができないので別途メインテナンス代がかかります。

これは歯科医院によってまちまちですがおよそ5000円から1万円と考えるとよいと思います。

自費のメインテナンスは価格によって受けられるサービスが違いますので一概に安いほうが良いと言うわけではありません。

とこのように歯周病治療にかかる大体の費用を述べました。

あとはこれに付随して投薬代がかかったり初診・再診料がかかったりするので少し多めに持参したほうが良いでしょう。

ちなみに保険治療に関してはクレジットカードを使用することができません。

なぜか東京大学は保険治療でもクレジットカードが使用できるといううわさを耳にしましたが、どうして使えるのか私にも謎です。国立だからでしょうか。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る