ホワイトニングとリステリンの相性

rp_41tZG2tVGSL.jpg

[リステリン] ブログ村キーワード

最近このトピックに関する質問が立て続けにあったのでお答えします。まずはホワイトニングとリステリンの相性をお話しする前にホワイトニングについてお話ししていきましょう。

スポンサーリンク

ホワイトニングのメカニズムとは?

ホワイトニングとは歯を白くする審美治療の一つです。ホワイトニングをする方は、歯科医院で通常の歯面清掃を行ったにも関わらず、歯の色に納得がいかない方がします。

ではなぜ納得いかいかと言いますと、日本人の歯はもともと少し黄色味がかった白色をしているからです。
下の図のように、歯の表面の層(エナメル質)は少し青みがかった色をしていて半透明な層です。構造1

そしてその下の象牙質は黄色い色をしています。このため見た目には下の黄色い色が半透明な層を通った色をしています。

ですから表面をいくら綺麗にこすった所で、歯の白さには限界があります。

そこでホワイトニングではこの黄色い色が見えないように隠して、歯の色を白く見せるようにしてあります。

ホワイトニングの影響は?

ホワイトニングではこのエナメル質に細かい傷をたくさん付けてまるで『スリガラス』のような状態にします。スリガラスはもともと透明なガラスですが、白く見えますよね?

この原理を利用しているわけです。

ホワイトニングは歯を傷つける?

このホワイトニングは狙った色合いがでたら終了にしますが、ただ終わるわけではありません。傷ついた層を一層残して、一番表面の層にはコーティングを施します。

コーティングはもともと歯にあった成分を、塗って歯の最表面だけ最石灰化させます。さらにこの時に虫歯になりにくいように歯の成分を強くさせるペーストも用います。

私の医院では主に『MIペースト』を使ってホワイトニングの最終段階としてコーティングをしています。MIペーストの関する詳しい情報はをこちらご参照ください。

ホワイトニングとリステリンの相性

結論から言うと相性は『普通』です。理由はリステリン自体にステインを落とす効果があるもの(リステリン・トータルケア)があり、ホワイトニングの効果とバッティングしないからです。

さらにコンクールなどの『クロルヘキシジン』を使った洗口剤と違い歯への着色もほぼ無いと考えて良いからです。

コンクールに関する詳しい記述はこちらをご参考にしてください。

コンクール ジェルコートF(フッ素コート歯みがきジェル)

ホワイトニングの最中に気をつけること


ホワイトニングの最中ははの表面がザラザラに傷ついている状態のため、『カレー』や『コーヒー』など色が濃いものは食べてはいけません。

また歯の表面が一時的に弱くなっているので、『炭酸飲料』なども控えたほうが良いでしょう。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る