女性ホルモンと歯周病【妊娠性歯周炎】

cffb557482836b5c2727aff439276846_m
スポンサーリンク

妊娠性歯周炎は女性特有の口の病気

みなさんは歯肉炎という病気はご存知でしょうか?

歯肉炎は歯周病の前段階の病気で、歯の植わっている歯ぐきの周りに細菌が住み着く事によって起きます。歯肉炎に関する詳しい記述はこちらをどうぞ。

この歯肉炎はいくつかの種類に分ける事ができますが、女性ならではの歯肉炎もあります。

女性ホルモン『メナジオン』は細菌のエサ

細菌の中には女性ホルモンをエサとして増殖する種類がいます。この細菌の名前は通称『P. i.』(Prevotella intermedia、プレボテラ・インターメディア)と言います。

このP. i.は女性ホルモンの一種の『メナジオン』をエサにする特徴があります。

そしてこのメナジオンは妊娠中に特に増加するため、この時期に歯肉炎や歯周病になってしまう妊婦さんがいらっしゃいます。

妊娠性歯周炎の原因

妊娠中に起こる歯周病の事を『妊娠性歯周炎』と呼びます。

妊娠性中は女性ホルモンは増加するだけでなく、つわりなどが原因で歯ブラシが出来ず口の中が不潔になりやすい時期です。

妊娠性歯周炎の原因菌は酸素が苦手なため、口腔清掃がおろそかになり、堆積したプラークの奥底は彼らの理想の住処となります。詳しくはこちらを参考にしてください。

歯周病の妊娠への影響

私は歯周病をいつも痛くない火傷と呼んでいます。

特に目立った自覚症状は少ないですが、体に起きている反応は『火傷』と同じです。この火傷の結果、『炎症性サイトカイン』という物質が体内で作られるようになりこれが様々な悪影響を体に及ぼします。

妊婦さんに対しても炎症性サイトカインは悪い作用をし、その結果赤ちゃんが『未熟時』で生まれてくるあるいは『体重が通常より軽い』状態で生まれてくる可能性があります。

この歯周病と病気との関連についてはこちらをご参考にしてください。

妊娠性歯周炎にはどう対処したらよいか?

この妊娠性歯周炎は非常に厄介な病気です。なぜかというと歯周炎の治療には歯のクリーニングや歯石の除去、麻酔を使った処置などが必要ですが、麻酔の効果を持続させるために入っている成分(エピネフリン、アドレナリン)が、妊娠の不安定期には使えないからです。

妊娠の不安定な時期は大体、妊娠1〜3、8〜10ヶ月あたりで、この時期に麻酔を使うことによって胎児に対して悪影響が出る可能性があるからです。

また出産後も育児で忙しくなるため、なかなか歯医者さんに通院できずに悪化してしまうことが多いです。

そのため私のおすすめする対処法は『妊娠安定期に入ったら効率よく治療ができるように準備する』です。

妊婦の方であればご存知かもしれませんが、妊娠安定期は妊娠4ヶ月〜7ヶ月の4ヶ月間あります。これだけ時間があれば2週間に1回歯科医院に通ったとしても8回は通えます。

ですから、まずはかかりつけの歯科医院に妊娠4ヶ月になる少し前に検診に行き、治療が必要かどうか判断してもらいます。

人によっては8回の治療では終わらないくらいの状態の歯周病や虫歯があったりしますから、出産後しばらく来れない期間があっても大丈夫なようにとりあえず虫歯をとってもらって仮の詰め物で詰めておいて、時間ができたら被せていくなどの対処をしてもらえば、効率よく治療ができます。

たまに聞く話として、出産時に ”いきんで” 歯を食いしばったときに歯が折れたという話があります。これは虫歯のまま放置して弱ってしまった歯に強い力がかかるから起きます。

こうした事態を避けるためにも、妊娠が判明してある程度落ち着いたら一度歯科医院に検診に行きましょう!

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 詳しくはをこちらご参考にしてみてください。 […]

トップへ戻る