普通の歯ブラシと電動歯ブラシどっちがいいの?

pixta_1241225_M

よくある質問に普通の歯ブラシと電動歯ブラシどっちがいいのか?というのがあります。また、電動歯ブラシを使えば汚れが完全に落ちると考えている方も多いので、ここでご説明していこうと思います。

スポンサーリンク

1.電動歯ブラシの種類と特徴

電動歯ブラシにはその振動の仕方から大きく3つに分ける事ができます。

音波歯ブラシ

音波歯ブラシにはPHILIPSの『ソニッケアー』やPanasonicの『ドルツ』、ブラウンの『オーラルB』などの商品があります。

音波歯ブラシの特徴は電気の力でブラシの先端を毎分およそ31,000回振動させ、音波振動を生み出しプラークを除去します。

音波振動の特徴としては、歯ブラシ周辺の水を振動させるため、振動した水分が汚れを落とし毛先の届かない場所も清掃する事ができます

超音波歯ブラシ

超音波歯ブラシも音波歯ブラシ同様、電気でブラシの先端を毎分およそ100万回以上振動させます。この振動数は製品により異なりますが、音波の周波数以上に振動する事を超音波と呼びます。

超音波振動の特徴は、見た目にも感触としても振動が早すぎてほぼ動いていると感じません。基本的にこの振動が直接プラークを除去するわけではないためブラシを手磨き同様動かす必要がありますが、超音波振動が歯とプラークの結合を弱くするため落としやすいといった特徴があります。

この振動を使った電動歯ブラシには東レの『ウルティマ』がありましたが、現在は製造を中止しています。その他には伊藤超短波が出している『スマイルエックス』という商品もあります。

1.6MHz超音波電動歯ブラシ AU-300D

伊藤超短波 スマイルエックス

この”伊藤超短波”というメーカーは超音波を使った創傷治癒の促進の研究も行っており、ネズミを使った実験から超音波が傷口を早く治す事が分かっていますので、歯周病ケアやインプラントの周りの清掃に向いています。

また日米で特許を取得しているようなので、類似品はないようです。

普通の電動歯ブラシ

普通の電動歯ブラシは前の2つ以外の電装歯ブラシの事です。振動数でいうと音波歯ブラシよりも少ない振動をしています。

特徴としてはただ単に毛先が振動しているだけで、目立ったプラーク除去効果やその他の効果があるわけではありません。比較的低価格の電動歯ブラシに多いタイプです。

あまりおすすめはしません…

2.電動歯ブラシの動き方の違い

電動歯ブラシはさらに毛先の動き方によって2つに分ける事ができます。

横揺れ式

多くの歯ブラシはこの方式を使っています。毛先が横方向に動き、毛先が歯と歯の間の狭いエリアにも入っていく事ができます。

回転式

これは毛先が回転する事動きで、代表的なものにブラウンの『オーラルB』があります。

特徴として平面は効率よくプラークが落とせますが、歯と歯の間にはブラシが入りにくい構造をしています。おそらくこの事実はブラウンも気づいているようで、彼らがデモに使う歯の模型は全て歯と歯の間が空いたスキッパの模型です。ですからオーラルBはなぜか人気が高いのですが、私はおすすめしません

スクリーンショット 2015-07-14 12.22.49

ブラウンのHPより引用。かなり隙間の空いた歯をモデルにしている…

どの電動歯ブラシが一番良いのか?

こうした事から電動歯ブラシの中でも効果があるタイプは『音波歯ブラシ』か『超音波歯ブラシ』のどちらかです。また超音波タイプと音波タイプの使い分けに関しては症状に応じて使い分けるのが良いと思います。

『音波タイプ』におすすめの症状と製品

音波タイプは日常使いにとても効果的です。歯肉が健康的であるならば『ソニッケアー』をおすすめします。同じく音波振動する『ドルツ』は振動数は同じでもパワーが弱いためおすすめしません。

 『超音波タイプ』のおすすめの症状と製品

超音波タイプであれば伊藤超短波の『スマイルエックス』がおすすめです。またこれが一番症状として合うのは、歯茎が腫れてしまって歯ブラシが当てられないときや『剥離性歯肉炎』といって歯ぐきの皮膚が薄いため傷つきやすい病気のかたにおすすめします。

しかし音波歯ブラシと違いパワーが弱いので、毛先を自分で動かしたりする必要があります。

3.普通の歯ブラシとどっちが良いのか?

これに関しては私はどちらがよいとは申しあげられません。普通の歯磨きは持ち運びに便利で電池切れの心配もありません。しかも毛先の種類が豊富に揃っているため自分にあったものを探し出せます。

歯周病専門医がすすめる『オススメ歯ブラシ』10選

一方、電動歯ブラシはこう言った心配がある一方で、プラーク除去効率がよくちょっとした歯石なら粉砕することができます。また手首がうまく回らないお年寄りや障がい者で方にもお使い頂けるため、シーンを選ぶととてもよい清掃グッズです。

このため私は普通の歯ブラシと電動歯ブラシを交互に使うようにしています。朝、電動を使ったら昼は普通の歯ブラシといった感じです。そうしてお互いの欠点を補完しあうことで快適な口腔環境を保てています。

4.結論

⑴ 普通の歯ブラシと電動歯ブラシを交互に使用する。

⑵ 電動を使う場合は症状に合わせて選ぶ。

ということを基準にご自分の生活シーンにあったものを選んでみてください!!

ソニッケアーをすすめる10の理由

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 歯周病専門医がすすめる『おすすめ歯ブラシ』10選 | 歯周病Tips! より:

    […] 以上歯周病専門医がすすめる歯ブラシ10選でした!さらにくわしくはこちらをご参照にして下さい。 […]

  2. 歯周病専門医がすすめる『おすすめ歯ブラシ』10選 | 歯周病Tips! より:

    […] 以上歯周病専門医がすすめる歯ブラシ10選でした!さらにくわしくはこちらをご参照にして下さい。 […]

  3. 歯周病専門医がすすめる『おすすめ歯ブラシ』10選 | 歯周病Tips! より:

    […] 以上歯周病専門医がすすめる歯ブラシ10選でした!さらに詳しくはこちらをご参照にして下さい。 […]

  4. 歯周病専門医がすすめる『オススメ歯ブラシ』10選 | 歯周病Tips! より:

    […] 以上歯周病専門医がすすめる歯ブラシ10選でした!さらに詳しくはこちらをご参照にして下さい。 […]

  5. 歯周病専門医がすすめる『オススメ歯ブラシ』10選 | 歯周病Tips! より:

    […] さらに詳しくはこちらをご参照にして下さい。 […]

トップへ戻る