夏に効果的。飲水健康法で夏バテ知らずの体作りを!

568c1e94df442246476bf8d92d17319a_m 2
スポンサーリンク

飲水健康法

日に日に熱くなってきますね!みなさんは健康は維持されているでしょうか?今日は私が実践している『引水健康法』についてお話しします。

飲水健康法とは?

引水健康法とは文字どおり、水を飲んで健康になるという方法です。人間の体の70%近くは水でできています。そのうち体の細胞の中にある水分は30%、残りが血管内にあります。

体の細胞は毎日新陳代謝を繰り返しているため、その代謝物である老廃物を毎日出しています。

引水健康法はこの細胞が出す老廃物を少しでも多く、体の外に出すという方法です。

飲水健康法に必要なことは?

飲水健康法に必要なことは、とにかく大量の水を飲んで、体液の循環を促していくことです。そのためにはクリーンで新鮮な水を毎日一定量飲むことが大切です。

1日にどれくらい飲めばいいの?

飲水健康法は季節によって飲む量が変わりますが、一般的に1日2リットル、夏場であれば3リットル飲めば良いです。

私は特にペリエが好きなので、よく飲んでいます。

もしもペリエを飲むのであれば、「330mlのビン」をオススメします!

ペリエには「ペットボトル」「ビン」「缶」の3タイプがあるのですが、炭酸が一番強くて飲みごたえがあるのが『ビン』だからです。

さらにビンの中でも大きさが2種類あるのですが、炭酸がすぐに抜けてしまうので飲みきれる小さいビンの方が美味しく飲めるからです♪

ビールの代わりとして飲んでも飲みごたえが十分にありますから、ダイエットのお供としても重宝しますよ!

水以外に効果的な物は何?

水以外に効果的な物としてはサプリメントです。血中濃度が一時的に上昇するだけで短期的な効果となってしまいますが、夏バテはビタミンやミネラルを豊富に含んだ食物やサプリメントで補給するのが良いです。

さらに体づくりとしてポリフェノールプラセンタを含むサプリメントを普段から飲んで熱中症になりにくくするのも大事です。

特にポリフェノールは活性酸素を潰す効果もあるので健康管理の一環として普段から摂取するのも良いでしょう。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る