歯科医院でもクレジットカードは使えます!

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_m
スポンサーリンク

高額な治療費はクレジットカードで

最近ではクレジットカードを使うことのできる歯科医院が多くなってきました。割合で行くとまだまだ30パーセントと少ないですが、これからの時代クレジットカードによる決済方式をする歯科医院はますます増えてくると思います。しかし使える時と使えない時があるのはご存知でしたか?

実はクレジットカードを歯科医院で使うには、治療の内容や選ぶカード会社を考慮しなくてはいけません。

基本的に保険治療はクレジットが使えない。

保険治療とは国民健康保険や社会保険、介護保険など国や自治体が財源となっている保険サービスです。

例えば虫歯の治療などでは、よほど見た目を気にしない限り保険治療を使って行うことになりますがこれは治療費として大体1000円前後。その他に初診料や再診料がかかってきますので1回の治療費は大体3000円以内くらいかかります。

しかしこれらにかかる金額に関しては一切クレジットカードを使うことができません。

自費治療はクレジットカードが使える。

一方、インプラントやヒアルロン注射などのいわゆる自費治療はクレジットカードを使うことができます。しかし一般の方はどれが保険治療でどれが自費治療なのか分からない部分が多いと思いますので、よくある自費治療をご説明します。

自費治療の概念

基本的に国民健康保険は『虫歯を治す』『噛めるようにする』といったことが目標の治療なので見た目の美しさは考えてありません。

しかしただ単に噛めるだけと言うのはコンプレックスまでは治療できませんからやはり、見た目の美しさを追求した治療は必要です。

そこで歯科では『自費治療』という形で、ドクターがその治療の責任をすべて追うという条件で様々な治療が許可されています。

インプラント

インプラントは歯がなくなってしまった部分に人工の歯を作る方法です。

現在のところインプラントに関するすべての治療や前処置に関しては国民健康保険を使用することができません。

審美的な治療

審美治療とは見た目の美しさを追求した歯科治療のことです。セラミックを使った被せ物や、ほうれい線へのヒアルロン注射もその一部です。

矯正治療

矯正治療は実は国民健康保険が使えるものが一部あります。

たとえば生まれつき顎の成長が悪く、その結果歯並びが悪くなってしまった場合は、顎の治療とともに矯正治療を保険でまかなうことができます。

一方、健康的な児童や大人が見た目のコンプレックスを解消するために行う矯正治療は自費治療になります。

また今日治療を行う際に抜歯が必要になる時がありますが、これに関しては自費治療になります。大体どこの医院も共通して1万円くらいかかるようです。

入れ歯

入れ歯も保険治療でできるものと自費治療のものがあります。

基本的に保険治療の入れ歯は噛めません!笑

もしもご友人で自分の入れ歯は噛めるとおっしゃる方がいるのであれば、それは単に噛めない状態になれてしまって不自由を感じていないだけかもしれません。

しかし、金属の骨格を使った入れ歯はしっかりしているため、きちんと噛むことができます。

たとえば私がよく行う『コーヌス・テレスコープ』はおよそ150万円しますが、やはり歯周病で困った方にとっては決して高い値段ではなく、生活の質が明らかに向上する治療になっています。

これはクレジットカード使ってお支払いができます。

物販品

歯科医院の受付によくおいてある、オススメの歯ブラシや入れ歯洗浄剤などもクレジットカードを使用することができます。

ソニッケアーなど商品によっては1万円以上するものもありますから、クレジットカードを使ってすぐに買って帰れるということは、患者さんの健康を維持するためにも大事なことだと考えています。

ソニッケアーをすすめる10の理由

歯科医院で使えるクレジットカード会社

一般的に歯科医院で導入しているクレジットカードはPapalのことが多いので、Paypalが扱っているクレジットカードなら使うことができます。

  • VISA
  • MASTER CARD
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • DISCOVER

がPay Palに対応しているクレジット会社です。しかしDiers Clubは使うことができませんので あまりいないと思いますが、Diners Clubカードしか持っていないのであれば、電話などで前もって確認した方が良いです。

振込による決済

私が以前勤めていた大学病院では、振込による決済も行っていました。これは場合によっては数百万円もの現金を持ち歩かなくてはならないこともあるため、安全を考慮して実施しているサービスです。

振り込み手数料に関しては、患者様にご負担いただく形になっていました。

歯科治療とクレジットカードまとめ

基本的に歯科医院でのお支払いは現金が多いですが、歯周病や矯正治療などの高額な治療や審美的な治療はクレジットカードでお支払いができます。

クレジットカードはポイントが付与されますし、多くのカード会社は2回払いまで手数料がかかりませんので利用しない手はないと思います。

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る