血液検査の読み方

5d4d5d1fee3418033dda208a9f6e7d26_m
スポンサーリンク

はじめに

会社や学校で健康診断をして採血をしたのにその結果が何を表しているかよくわからないって事ありませんか?

このページでは血液検査の読み方からその意味までしっかり説明していきます。

そこまで難しくない内容ですし、血液検査で検査する項目は大体一緒ですので、このページの内容で大体網羅できてしまうと思います。

血液検査の項目

《腎機能を表す数値》

尿素窒素(BUN)

腎炎,腎不全等で高値. 脱水時や高蛋白食の摂取等でも上昇.

尿 酸(UA)

痛風で高値. アルコ-ル多飲,肥満(過食)でも上昇.

クレアチニン

腎炎,腎不全等で高値

《肝機能を表す数値》

ビリルビン

ヘモグロビンの代謝産物です。肝疾患の診断、 黄疸の鑑別などに必要な検査です。

AST(GOT)

代表的な肝機能の指標です。肝障害時のほ か、骨格筋、心筋の障害時でも高値となります。

ALT(GPT)

代表的な肝機能の指標です。肝障害時に高値 となります。

LDH

肝臓,心臓,肺臓,血液,筋肉等の疾患で高値.

ALP

肝・胆道系疾患、骨疾患などで高値となります。

γ-GTP

肝機能の指標の一つです。アルコール性肝障 害などで高値となります。

コリンエステラーゼ

肝臓で合成される酵素。肝臓で合成されるため、肝患で低下します。 また脂肪肝では高値となります。

ヒアルロン酸

肝臓繊維化(肝硬変)の目安

HBs抗原

B型肝炎ウイルスの有無を調べる検査

HCV抗体

C型肝炎ウイルスに対する抗体の有無を調べる検査.

《脂質に関する数値》

総コレステロール

血液中のコレステロールの総量を調べる検査で す。高値では動脈硬化症の危険因子となりま す。

中性脂肪(TG)

血液中の中性脂肪の量を調べる検査です。高 値では動脈硬化症や膵炎の危険因子となりま す。食事の影響を大きく受け、食後に上昇しま す。

HDL

一般的に善玉コレステロールと呼ばれます。低 値では動脈硬化症の危険因子となります。

LDL

一般的に悪玉コレステロールと呼ばれます。高 値では動脈硬化症の危険因子となります。

《貧血具合を測る数値》

白血球数(WBC)

血液中の血球成分の一つで、細菌や異物など を排除する生体防御に関与します。炎症性疾 患や血液疾患などで増減し、その診断や加療 後の経過観察に必要な検査です。

血液像

白血球の中身の割合を示します。感染症の原因や程度等を知る目安となります。

赤血球数(RBC)、ヘモグロビン(Hb)、ヘマトクリット値(Ht)

赤血球は血液中の血球成分の一つで、全身に 酸素を運搬する働きがあります。

これらの項目は 様々な貧血症で減少し、多血症では増加します。

平均赤血球容積(MCV),ヘモグロビン量(MCH),ヘモグロビン濃度(MCHC)

これらの項目は赤血球の大きさ、赤血球中に含 まれるヘモグロビンの量や濃度を調べる検査です。

鉄欠乏性貧血などの貧血症の種類を鑑別 するために必要な検査です。

血小板

血液中の血球成分の一つで、出血を止める働 きがあります。様々な血液疾患で変動します。

血清鉄(Fe)、不飽和鉄結合能(UIBC)

鉄は赤血球中のヘモグロビンを構成する成分の 一つです。これらの項目は貧血症を診断するた めに必要な検査です。

《糖尿に関する数値》

血糖値

糖尿病を診断するための基本的な検査です。 食事の影響を大きく受け、食後に上昇します。

HbA1c

糖尿病の診断と経過観察に必要な検査です。 過去1~3ヶ月間の平均血糖値を反映します。

《免疫やリウマチに関する数値》

CRP

代表的な炎症マーカーです。感染症や膠原 病、外傷などの診断や経過観察に必要な検査 です。

RA-T、RAPA、抗CCP抗体、補体価、抗核抗体

リウマチや膠原病の診断に使う数値です。 病気の活動性を知る目安となり、この他に LE-test, 抗DNA, Sm, nRNP, SSA, SSB, Scl-70抗体等もリウマチ、膠原病の診断、活動性の目安として使われます。

MMP-3

関節リウマチの活動性の指標となる数値。変形性関節症どの鑑別に使用します。

《甲状腺の機能を表す数値》

TSH

脳下垂体から出る甲状腺刺激ホルモンです。甲状腺ホルモンが不足すると上昇し過剰になると低下します。

T3、FT4

甲状腺ホルモンの量を表します。主に病気の程度や治療効果を知る目安として使われます。

マイクロゾームテスト

甲状腺に対する自己抗体の量を示す数値。慢性甲状腺炎で上昇します。

TSHレセプター抗体

甲状腺のTSH受容体に対する抗体の量を表す数値。バセドウ病の原因となるもので、活動性の目安として使われます。

《その他の数値》

血沈

炎症性や貧血があると上昇します。

Na,Cl

これらの項目は水分の代謝異常や体液のバラ ンスを調べるために必要な検査です。腎不全な どで低値となり、脱水や下痢などで高値となりま す。

K

神経・筋の興奮性に関与します。腎不全などの 排泄障害では高値となり、下痢や嘔吐などがあ ると低値となります。

Ca

骨代謝や筋収縮、血液凝固に関与します。腎 臓や骨、副甲状腺の疾患などで変動します。

CPK(クレアチンキナーゼ)

骨格筋や心筋、平滑筋、脳に存在する酵素で す。これらの部位が損傷すると高値となります。

血清アミラーゼ(AMY)

膵臓や唾液腺から分泌される酵素です。膵疾患 や唾液腺疾患などで高値となります。

KL-6

肺の線維化(間質性肺炎)の目安として使われます。

まとめ

血液検査の数値はあくまで目安です。数値だけで病気の診断が出来るわけではありません自分勝手に判断せず、疑問点やここにあげられていない検査値等については主治医に尋ねるようにして下さい。

歯周病Tips! 目次ページ

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る