キシリトールの効果的な食べ方

file0001883211803

[キシリトール] ブログ村キーワード

スポンサーリンク

キシリトールベストな使い方

効果的に虫歯を予防するキシリトールの使い方を知りたくはありませんか?

キシリトールの虫歯予防だけでなく、細菌レベルでも良い効果をもたらしてくれます。

とある研究では、キシリトールガムを1日に10粒、半年間摂取した後にキシリトールを食べるのをやめても虫歯の発生頻度を半年間抑えることができたと報告しています。

しかし、唯一の難点は大量に摂取すると、消化不良になり下痢や腹痛を起こすことがあるということです。

この点については『どうやって食べるか?』で解決することができます。

 キシリトールの効能

  1. 虫歯菌が増えない
  2. 血糖値を上昇させない
  3. ダイエットに効果が有る
  4. 虫歯の原因となる「酸」を作れない。
  5. 虫歯を作りにくい細菌へと変化してしまう。

キシリトールの食べ方はこれが一番!

キシリトールの効果を最も得る食べ方はガムで食べることです

その理由を4つご説明します。

① 手軽に食べられるから。

キシリトール入りのガムは様々なメーカーから出ていて、コンビニでもスーパーでも手に入れることができます。

勉強をしながらでも、運転しながらでも、電車に乗ってる時でも食べられます。ボトル入りならテーブルにおいて家族全員で 食べることができるし、車の缶ジュース置き場にも置いておけます。

② 効果が長く持続するから

キシリトールはガムの味がなくなった後でもは口の中に出続けています。

たとえ人間が感じないような濃度でも、ムシバ菌にとっては影響が出る濃度です。しかしより持続的な効果を得るためには、キシリトールの量がより多く入ったものを食べる事をおすすめします。

ロッテのキシリトールガムには歯科専売品として100%濃度のキシリトールが入ったものがあり、少し前までは歯科医院でしか買う事ができませんでした。

しかし、最近ネット通販でも購入できるようになったので、これを利用しない手はありません!

またいくら100%キシリトールを使っていても、飴やチョコレートのような形態では、歯に作用する時間が短く効果が期待できないのでおすすめしません!
唯一、チョコレートのキシリトールが有効な場面は、まだガムを噛む事ができないような年齢のお子さんがぐずってしまったときなどには有効だと思います。
キシリトール100% 歯医者さんが作ったチョコ玉 60g飴はお子さんの年齢によっては喉に詰まらせてしまう危険性がありますので、購入する際は検討する方が良いです。 

③ お腹に優しいから

キシリトールを大量に食べると腹痛や下痢を起こす可能性があります。

しかしガムのような形態で低濃度のものを持続的に摂取すればそういった心配がありません。

もちろん大量に食べてしまえば下痢になってしまいますが、1日10粒ほどが目安で食べる分には全く問題ありません。

④ 子供が受け入れてくれるから

子供に歯ブラシしようと言っても、なかなかやってはくれませんが、ガム食べる?と聞くと素直に食べてくれます。

ガムが食べられる年齢の子供であれば、キシリトール入りのガムを利用するのは大人主導してできる方法のひとつです。

おやつの最後に与えたり、歯を磨いた後に食べさせれば、子供たちは知らない間に虫歯の予防を行う事ができます。

結論

キシリトールを最も効果的に食べる方法は『ガム!』

キシリトールはむし歯以外の病原菌も抑えてくれるのでプラークの成熟を防ぎ、最終的に歯周病を予防することにもなります。手軽で確実な方法なのでぜひ試してみてください!

ソニッケアーをすすめる10の理由

この記事に関連している人気の記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] キシリトールのベストな使い方 […]

  2. […] キシリトールのベストな使い方 […]

  3. […] かたについてはこちらをご参考にしてください。 […]

  4. […] キシリトールのベストな使い方へ […]

  5. 日本歯科医師会推薦の『ロッテキシリトールガム』の効果とは?? | 歯周病Tips! より:

    […] キシリトールの効果的な食べ方 […]

  6. 歯周病専門医がすすめる『インプラント治療後』のケア用品9選! | 歯周病Tips! より:

    […] キシリトールの効果的な食べ方 […]

トップへ戻る